PR
日本アスペクト・ソフトウェア 小枝逸人社長   日本アスペクト・ソフトウェア
小枝逸人社長

 「日本のコールセンターは、つぎはぎだらけの複雑なシステムになっている。当社は必要な機能をワンパッケージで提供して、運用の手間やコストを抑えたいという顧客の声に応える」。こう抱負を語るのは、9月に日本アスペクト・ソフトウェア社長に就任した小枝逸人氏。「日本は成熟市場に見えるが、マイクロソフトのような圧倒的な支配力を持つプレーヤーがいない。巨大なマーケットが眠っている」と自信をのぞかせる。

 ただしアルペンスキー競技でナショナルチームの選手だったという華麗な経歴を持つ小枝社長にとって、「欧米と違って日本ではまだ“知る人ぞ知る”企業に過ぎない」状況は大いに不満。「コールセンター市場に強い販社とのタッグやハイタッチ営業の強化などで存在感を高めていきたい」と語った。