PR
 企業にWindows Vistaを採用,導入してもらうということになると,Microsoftとそのパートナーの両方にとって,最も重要なのはセキュリティだ。つい昨年の冬,Microsoftの一部の人々は,筆者に次のように熱く語っていた。「Windows Vistaがリリースされたことで,私たちはMicrosoftのセキュリティに関するカスタマーの不安をほぼ完全に払拭した。弊社の詳細なセキュリティ関連文書,さらにMicrosoft製品の正しい使用方法の徹底により,セキュリティについて心配することはほとんど無意味になった」。

 彼らが“トランス状態”から突然目覚めたのは,「セキュリティは依然として不安の種であり,企業が現在使っているデスクトップ・プラットフォームからVistaに移行するのを渋っているのはセキュリティについての疑念が原因の一つである」ということが消費者データによって明らかになり始めたときだったに違いない。例えば,PatchLinkが最近行った調査も,そうしたデータのソースの一つである。Vistaの発売間近の2006年12月,PatchLinkが調査したITカスタマーの50パーセントが,VistaをWindows XPよりもセキュアだとみなしていた。しかし,今年の夏に行われた追跡調査では,その数値は28パーセントにまで下がってしまったのだ。

 これを受けてMicrosoftは現在,セキュリティに対する態度を改めようと躍起になっている。そして,Microsoftのパートナーが自分たちの製品の宣伝文句でセキュリティを強調しているのも,決して偶然ではないと筆者は思う。Microsoftのカスタマーがセキュリティを欲しているのなら,自らの成功がVistaの売り上げと密接に関連しているサードパーティのベンダーも,自分たちの製品がセキュリティに貢献していることを示す必要があるからだ。

Intelもセキュリティを前面に打ち出す

 以前にサン・ディエゴで開催されたMicrosoft Management Summit (MMS)で,筆者はIntelのMark Boles氏(Microsoft Program Office, Intel Software and Solutions Groupディレクター)とMicrosoftのBrad Anderson氏(Windows and Enterprise Management Divisionゼネラル・マネージャ).とvProについて話をした。このURLで,そのときの会話内容を読んだり,録音したポッドキャストを聞いたりできる。そのときに話されたvProの売り文句は,すべて管理可能性に関するもので,セキュリティはその中で少し言及される程度だった。

 それと対照的なのが,最近なされたIntelの発表だ。「ハッキングやウイルス,その他の脅威に対する防御力の向上」に重点を置いており,「Intelの新しいvProチップは,企業PCのセキュリティを強固にする」という主張がことさら強調されていた。管理可能性は少し言及されただけだった。

 vPro技術は,Intel Core2 DuoをIntel Q35 Expressのチップセットやセキュリティ機能(例えば,「動作不良を起こしているOSやハード・ドライブを持つコンピュータを再起動して修復する機能」など)と組み合わせている。さらに,仮想化環境のデータ保護を目的とする新しい「Trusted Execution Technology(TXT,以前はLaGrandeというコードネームだった)」も搭載している。

 Intelは次のように話している。「Intel TXTをIntelの新世代の仮想化技術(Intel Virtualization Technology for Directed I/O)と併用することで,今日の通常のソフトウエア・セキュリティ・ソリューションでは検出できない攻撃に対する仮想マシン・モニターの防御力を向上させることができる。このハードウエア・ベースの保護機能を通して割り当てメモリーを隔離することにより,Intel TXTはそれぞれの仮想パーティションにあるデータを,別のパーティションにあるソフトウエアを発信元とする不正なアクセスから守るのだ」。さらに,System Defense Filtersというセキュリティ機能がある。System Defense Filtersは,「ネットワークを流れるトラフィックから,これまでよりも多種多様な脅威を特定することができる」。

 IntelのBusiness Client Groupのバイス・プレジデント兼ゼネラル・マネージャであるRobert B. Crooke氏は,次のように語った。「今日,企業向けデスクトップPCのセキュリティは,一つ上のレベルに達した。この世代のIntel vProプロセサ技術は,世界中のすべての主要PCメーカーとソフトウエア・ソリューション・ベンダーからのサポート,さらに新しいセキュリティと管理機能を携えて登場する」。Intelは,DellのOptiPlex 755やHPのデスクトップ,LenovoのThinkCentre M57デスクトップなど,vPro技術を搭載するいくつかの企業向けデスクトップPCモデルに言及した。

 セキュリティにこれほどの注目が集まっているのは,今Vistaを使っている人やVistaの導入を検討している人にとって,うれしい知らせに違いない。しかし,これらの発表を聞いて,企業が新しいデスクトップ・パソコンを導入し,Vistaに移行する気になるだろうか。筆者が話を聞いた多くの人々にとって,セキュリティはたくさんある要因の一つに過ぎない。その他の要因は,Vistaの機能に興味がないこと,展開ツールがないこと,そしてソフトウエアとハードウエアの互換性などだ。Vistaのセキュリティは,あなたが決断を下すうえで,どれほど重要な要因なのだろうか?