PR

 開業医の幅広い支持を受け、ユーザー数がすでに2100件を突破したといわれる診療支援ソフト「ダイナミクス」。開発者の吉原正彦氏は内科医であり、株式会社ダイナミクスの代表取締役でもある。意外にも「僕はコンピューターにはあまり興味がないんです」と話す吉原氏に、ダイナミクスの現状について語ってもらった。

今やダイナミクスは診療所開業医の間で最も有名な電子カルテになりつつあると思われますが、ユーザー数はどのくらいですか?

内科医でダイナミクス代表取締役の吉原正彦氏
内科医でダイナミクス代表取締役の吉原正彦氏

吉原 ダイナミクスの契約は1年単位なので、使ってみた後におやめになった方もおられます。現時点(2007年10月)で実際にお使いいただいているユーザー数は2100件を超えていると思います。ただ、僕自身がダイナミクスを作ったときは、電子カルテを作ろうとしていたわけではありません。最初は、自分の日常診療をとりまく無駄や不合理をなくすことがまず第一の目的で、そのための工夫が結果としてダイナミクスになったわけです。後から考えると、ダイナミクスには電子カルテに該当する機能もありますが、電子カルテの定義に合わない部分もあるでしょう。使う医師にとって便利な道具であれば、電子カルテと違う種類のソフトに分類されもかまわないと思っています。

すると、ご自身ではどのようなソフトと位置づけられますか?

吉原 レセコン機能の延長線上にある診療支援ソフトでしょうか。今から10年ほど前ですが、当時のレセコンには機能的な制約が多すぎて、あまりにも不便だと感じていました。もっと簡単で安価に日常診療に役立つものが出来るはずだと思って作り始めたのがダイナミクス誕生のきっかけです。

それまでプログラミングのご経験は?

吉原 ありません。親しい先生は僕の経歴をご存じですが、一度社会人を経験してからもう一度医学部に入り直して内科医になりました。最初は工学部を卒業して自動車メーカーのマツダに勤務していました。エンジニアの仕事は経験しましたが、プログラマーではなかった。自分用のパソコンを始めて購入したのは1996年のことです。OSはもうMS-DOSではなくてWindows3.1になっていたと思います。アップルのマッキントッシュも使ったことがない。インターネットが普及する前からパソコンを使っておられたベテランに比べると、むしろ初心者ユーザーに立場が近いんです。