PR
米RSAセキュリティ アート・コビエロCEO   米RSAセキュリティ
アート・コビエロCEO

 「EMCグループの傘下になったおかげで財務体質が格段に向上し、積極的にM&A(企業の合併・買収)を仕掛けることができるようになった」。こう語るのは、ワンタイムパスワードなどのソリューションで知られる米RSAセキュリティのアート・コビエロCEO(最高経営責任者)である。

 ストレージ大手の米EMCに買収されて約1年。現在のRSAセキュリティは、EMCグループのセキュリティソリューションの担当部門となっている。 EMCのエグゼクティブ・バイスプレジデントを兼任するコビエロCEOは、今年に入ってセキュリティ関連企業を次々と買収。セキュリティ製品のラインアップをそろえた。EMCのソリューションと組み合わせて、ユーザー企業に提案するケースも多いという。「RSAセキュリティのままでは、こうした戦略はとれなかった」と、コビエロCEOは買収された恩恵を感じている。