PR

 尾関雅則氏は我が国の情報化を牽引したリーダーの一人である。国鉄時代には本格的なプロジェクトチームを作り、大型コンピューターを使って、みどりの窓口の座席予約オンラインシステムを開発、1973年1月に完成させた。日立製作所の常務に転じてから、パソコンなどオフィス製品事業の責任者となり、87年には国鉄の民営化によって作られた鉄道総合技術研究所の初代理事長に就任した。2007年現在も、IT関連の勉強会などに顔を出し、発言や質問をされている。

 その尾関氏は10年前、73歳の時に「オゼのホームページ」を開設、情報化やプロジェクトに関するエッセイを執筆した。今回、本サイト上に、オゼのホームページを復刻する。10年前の論考であっても経営とITに関わる本質的な意見が綴られている。


ソフトウェアをつくる

 ソフト、とくにプログラムを制作する場合に、従来からあったハードの製造と違うところが多々あります。これまで、メインフレーム時代のソフト制作手法には、ハードの製造業で発達してきた手法などは、役に立たなかったのです。

 しかも、システム開発におけるソフトのウェイトは、増すばかりでしたので、この20年来ソフトウェアの生産技術を求めて、多くの試みがなされました。その努力のお陰か、オブジェクト指向の考え方等が生まれてきましたが、まだまだ、確立されたものとは、言い難い ところがあります。

 以下に、ソフトの制作にかかわる二、三の特徴を述べて御参考にしたいとおもいます。


仕様の凍結

 まず第一に、対象としているシステムが、どんな機能と性能を持つべきかを、システムの仕様にまとめることが大変重要です。この点は、前にも述べたように、ほうっておいたら、いつまででも議論が発散して、決まらないのが通例です。

 したがって、頃合いを見て今回はこれこれの仕様でやると、誰かが決めなければ、システム設計ははじまらないことになります。この誰かにはシステムを作る側が、ならなければならない羽目になることが多いのです。ここで、勇気をもって システム仕様の凍結を行なわなければ、リーダーは入り口で失格となってしまいます。

 凍結と言っても、実際には仕様を変更しなければならないことは、しばしばおこり、事実、変更することになるわけですが、一度、勇気を持って凍結宣言をしたリーダーとそうでない人とでは、リーダーシップにおいて天地の差ができてしまうものです。

(オリジナルは1998年9月29日公開)