PR

サン・マイクロシステムズ 末次朝彦 社長  サン・マイクロシステムズ
末次朝彦 社長

 「今後は、x86サーバーで動かすSolaris on x86の認知度を高めることに力を入れる」とサン・マイクロシステムズの末次朝彦社長は意気込む。「SolarisはSPARCマシンで使うイメージが強いかもしれないが、グローバルユーザー企業の7割以上がSolarisをx86サーバーで動かしている」と言う。

 サンは、Solaris on x86ビジネスを国内でも本格化させるための推進団体を、パートナー企業と共に11月に設立する。「Solaris on x86の製品力には自信がある。パートナー各社と共に、マーケティングや営業の方策などについて知恵を出し合えば、素早くビジネスを立ち上げることができる」と末次社長は自信を見せる。既に推進団体には伊藤忠テクノソリューションズやNEC情報システムズ、新日鉄ソリューションズなど約30社の参加が決まっている。