PR

Windows Server 2008の Windows Server Coreと Windows Server Virtualizationは、互いに連携して機能する Windows Server 2008の 2つの新機能である。Windows Server Coreは、Window Server 2008のStandard Edition、Enterprise Edition、および Datacenter Editionにおいて、GUIシェルを持たない新しい最小限のインストールオプションである。これによって、管理者に必要な管理作業やメンテナンス作業が軽減される。Windows Server Coreインストールオプションは Windows Server 2008の完全インストールと比べて次のような重要な利点があり、Windows Server Virtualizationと完全に補完関係にある。

攻撃にさらされる範囲が狭くなる

 Windows Server Coreインストールは、必要な役割しか提供しないようにカスタマイズされているので、攻撃にさらされる範囲が大幅に狭くなる。親パーティションは最小限なので、親パーティションにパッチを適用する必要性は軽減される。従来、サーバーごとに作業を 1つずつ実行していた環境では、パッチを有効にするためにサーバーを再起動する必要があったが、これは理想的なやり方とは言えず、通常は稼働中の 1つの作業が影響を受けていた。Windows Server Virtualizationでは 1つの作業だけを実行しているとは限らず、数十、場合によっては数百もの作業を独自の VM上で実行している可能性がある。パッチを有効にするために仮想化サーバーの再起動が必要になった場合、(高可用性ソリューションを導入していなければ、)ダウンタイムが長期にわたるおそれがある。

リソースの消費量が減少する

 Windows Server Coreインストールは Windows Server 2008の完全インストールとは異なり、親パーティションでメモリリソースをごくわずかしか必要としない。そのため、より多くの VMを実行できる。

 以上のことから、Windows Server Virtualizationを Windows Server Coreと組み合わせて使用することを強くお勧めする。