PR

先人の知恵を集めた「ソフトウエア・パターン」

 ソフトウエア・パターン(Software Pattern)とは,ソフトウエア開発における「問題(Problem)」と「解決策(Solution)」を一つの組みとして示した文書(文章や図,絵,サンプル・コードなど)のことです。従来は分析・設計・実装といったエンジニアリング向けが中心でしたが,より上流の業務分析に関するパターンが登場したほか,マネジメント(管理)とテストのパターンもあります。

 こうしたソフトウエア・パターンを分かりやすく丁寧に解説します。

<目次>

第1回 適用範囲が拡大する「ソフトウエア・パターン」 
第2回 アクティビティ配置のひな型「ワークフロー・パターン」 
第3回 成果物や組織の管理方法「マネジメント・パターン」  
第4回 単体テストの問題解決「テスト駆動型開発」 

「絵で見るテクノロジ」過去の連載-----------------------------------
ユーザー視点のシステム構築法「SOA」

最短かつ最速にアクセスする「DB高速化技術」

システムから仕様をひも解く「リバース・エンジニアリング」

世代交代が迫る「暗号技術」

クライアントPCの“新標準”狙う「vPro」