PR

 Windows Serverの稼働率を引き下げている要因は、主に2つある。1つはサーバーのメンテナンスに伴って発生するOSの再起動、もう1つは品質の低いデバイス・ドライバによる動作障害である。マイクロソフトは、これらの要因による稼働率低下を防ぐための工夫を施した。

 OSの再起動を減らす代表的な工夫が「サーバー・コア」である。これは“GUIのないWindows”を作り出す機能だ。

 サーバー・コアを使うと、必要となる機能以外はなにもないWindows 2008が出来上がる。GUIのファイル管理ツール「Windowsエクスプローラ」やWebブラウザのInternet Explorer、GUIを持つ各種の管理ツールも使えない。さらには.NET FrameworkやTel-net、メッセージ・キューイング機能といったOSの基本機能も搭載されない。これらは後から追加することすらできない。

 これほどまでに機能をそぎ落とした状態を作り出す理由は、用途を絞って必要最低限の機能やプログラム(サービスと呼ぶ)だけを稼働させることで、安定性やセキュリティの高いWindowsサーバーを構築できるようにするためだ。Windowsに限らず、「一度に動作するプログラムの数が増えるほど、OSは不安定になる。トラブルが起きた場合に、どのプログラムが原因であるかを突き止めるのも難しくなる」(NECの竹内秀幸 第二コンピュータソフトウェア事業部グループマネージャー)。

 サーバー・コアとは、厳密に言えばWindows 2008のインストール方式の1つ。インストール時にサーバー・コアを選び、その後Windowsサーバーの「役割」を選んでいく。具体的には、「Active Directory」や「DNSサーバー」「ファイル・サーバー」など、9つの用途に限定された役割だけを利用できる(図3)。これらはOSインストール後に、コマンドラインを使って追加する仕組みだ。選んだ役割に応じて、必要なサービスだけが稼働する。

図3●サーバー・コアで選択できる「サーバー役割(ロール)」と、利用できない機能
図3●サーバー・コアで選択できる「サーバー役割(ロール)」と、利用できない機能

「アプリ・サーバー」には使えない

 「安定したWindowsを作れるなら、この構成で色々なアプリケーションを動かせばよい」。そう考える読者もいるかもしれない。しかし、残念ながらそれはできそうにない。多くのWindowsアプリケーションを動かすためのミドルウエアである.NET Frameworkを利用できないからだ。.NET Framework以外にも、DLLなどのライブラリ群も、一部は利用できない。

 「サーバー・コアはあくまで用途を特化したWindows Serverを構成する機能。大規模ネットワークを運用するADサーバーやDHCPサーバーなど、24時間連続稼働させるのが前提の用途を想定している。汎用的な用途に使う場合は、通常の構成でインストールしてほしい」。マイクロソフトの吉川顕太郎Windows Server製品部長は、こう話す。

 ただし、ウイルス対策ソフトやバックアップ・ソフト、そしてWebアプリケーション・サーバーなどのミドルウエアまで動作不能になっては、安心して利用できない。マイクロソフトはこうしたソフトのベンダーに向けて、GUIなしで動作できるよう改良するための、ガイドラインを提供する。

 安定性に関する、もう1つの強化点が、デバイス・ドライバの品質管理策である。Windows 2008では、デジタル署名の付属するデバイス・ドライバしかインストールできなくなる。Win-dows 2000 Server以降でも、デジタル署名のないドライバに「警告」が出ていたが、インストールすることはできた。

 素性の疑わしいドライバを排除することで、ドライバ自体の品質向上を図るとともに、トラブル時の問題切り分けを容易にする狙いだ。「デジタル署名をきちんと付けるベンダーのデバイス・ドライバは、そうでないベンダーと比べて品質は全般的に高い。ベンダーとしては非常に安心できる」(日立の仲主任技師)。