PR

検証3 ネットワークのスループット
仮想マシン数に応じて帯域を配分

 3番目に,サーバー1台の中で稼働する仮想マシンの数によって,ネットワーク・スループットがどう変化したかについて説明しよう。複数の仮想マシンが同時にネットワークを使うと,ほぼ均等にネットワーク帯域が割り当てられることが分かった(図5)。

図5●仮想マシンの数によるネットワークのスループットの変化
図5●仮想マシンの数によるネットワークのスループットの変化
仮想マシン3台が同時に通信したときには,1台当たりの転送速度がほぼ3分の1になった。仮想マシンにネットワーク・リソースが均等に配分されていると考えられる。仮想マシンの数が1個の場合と3個の場合それぞれで,仮想マシン1台当たりの転送速度を測定した。500MバイトのファイルをFTPで転送するときの速度である
[画像のクリックで拡大表示]

 この検証では,(1)と(2)のVMware Server環境と(3)のVMware ESX Server環境のそれぞれにおいて,仮想マシンが1台のときと3台のときとで,1台当たりのネットワーク・スループットを測定した。各仮想マシンで500MバイトのデータをFTPでダウンロードした時の仮想マシン1台当たりの転送速度を測定した。仮想マシンが3台のときの測定では,3台同時に500Mバイトのデータをダウンロードさせた状態にした。なお,今回サーバー・マシンとは,100Mbpsのイーサネットでデータをやり取りした。

 VMware ServerとVMware ESX Serverの結果はほぼ同じになった。仮想マシンが3台での転送速度転送速度は,仮想マシンの数が1台の時の33.9~40.0%と3分の1に近い値になった。