PR
 お帰りなさい! 皆様が職場での長く忙しい1日を終えて,ようやく帰宅したところだということは,筆者も承知している。しかし,あなたの“自宅オフィス”について,私たちは話し合わなければならない。なぜなら,あなたの自宅オフィスには問題があるからだ。

 もし何者かがあなたの家に侵入して,ラップトップを持ち去ったらどうなるだろうか? もし火災が発生して,取り返しのつかない重要データが失われたらどうなるだろうか? 私たちは,セットアップとメンテナンスが簡単なソリューションについて話し合い,そして何よりもまず,あなたに安心感を与えなければならない。あなたには,家庭用サーバーが必要なのだ。

 あなたは,貴重な電子データをきちんと管理しているだろうか? IT分野に従事する多くの人は,自分たちの会社のディザスタ・リカバリは万全だ,ということを誇りに思っている。しかし,私たちは自らのホーム・ネットワークの安全とセキュリティに関しては,注意を怠りがちだ。さらに,ホーム・ネットワークの多くは,外界から「切断」されている。確かにインターネット接続性のようなものは存在するが,それは片方向の通信だ。企業ネットワークの場合と異なり,私たちが重要なファイルをダウンロードしたり,祖母に孫の最新の写真を見せたりしたいときに,自分のホーム・ネットワークに簡単かつ安全に接続する方法はないのである。

 これは新しい問題ではない。私たちが家庭でPCを使うようになって以来,こうした問題はずっと存在しているのだ。一部の問題については,ソリューションもある(例えば,修正を加えたLinksysのルーターを経由するVPN)。Windows Small Business Server (SBS)も先述した問題の多くを解消する素晴らしいソリューションだ。だが,SBSは平均的なホーム・ユーザーにとっては,あまりにも高価で複雑である。ソリューションは,安価で操作がしやすく,管理の容易なものでなければならないのだ。

 Microsoftの新製品「Windows Home Server(WHS)」はまさに,そうした条件を満たすソリューションである。WHSは,「専門知識を持たない」平均的なホーム・ユーザーを対象に設計された。しかし,同製品はWindows Server 2003 SP2を基に構築されているため,専門知識を持つプロまでもが欲しがるような機能も搭載している。つまり,使いやすさを維持しつつ,高度な機能も搭載しているのだ。連載の第1回目となる今回は,WHSの機能の一部を簡単に紹介しようと思う。

・簡単に行えるバックアップ
 企業のバックアップ・システムのインストールと設定を行ったことのある人なら,それがどれほど困難な作業であるかご存じだろう。WHSは,バックアップ・プロセスから複雑な要素を取り除き,ユーザーに代わって自動的に設定を行ってくれる。WHSクライアントをPCにインストールするだけで,バックアップのセットアップは完了だ。細かい設定を調べたり,自分のシステムのバックアップ方法を変更したいというパワー・ユーザーには,そうしたオプションも用意されている。
・シンプルな復元機能
 バックアップ・ソリューションの設定作業が平均的なユーザーの頭を悩ませるほど複雑であるように,ファイルの復元作業もまた難解である。WHSは,復元プロセスの実行中,ユーザーにWindows Explorerに似たインタフェースを提示することで,復元作業を簡略化している。削除したファイルの復元が,ドラッグ&ドロップと同じくらい簡単にできるようになっているのだ。
・中央管理型のストレージ
 企業のファイル・サーバーがどれほど便利なものかは,皆様もよくご存じだろう。WHSは,その機能を家庭でも使えるようにしてくれるのだ。ただし,「一つのかごにすべての卵を入れてはいけない」ということわざがあるように,自分のすべてのファイルを1カ所に保管するのは危険である。幸い,Microsoftはユーザーの不安を鎮めるであろうクールな機能を同製品に搭載している。これらの機能については,今後の記事で紹介するつもりだ。
・リモート・アクセス
 WHSは,リモート・デスクトップを全く新しいレベルに引き上げている。WHSは,ユーザーが(同一ネットワーク上の)近くにあるコンピュータをリモート・コントロールできるようにするのではなく,ユーザーがどこからでも自分のホーム・ネットワークに安全に接続できるようにするのだ。セットアップは至ってシンプルである。しかし,ユーザーがUPnPを搭載した最新のホーム・ルーターを持っている場合は,WHSがユーザーに代わってセットアップ作業のほとんどを処理してくれる。
・シンプルな監視機能
 いくら自分のホーム・ネットワークにクールなサーバーを追加したからといって,あなたは一家のアドミニストレータになりたくはないだろう。ほとんどの人は,家に帰ったら,仕事のことを忘れてくつろぎたいはずだ。この点に関しても,WHSはシンプルな監視ツールを提供することで,しっかり対応している。ユーザーはそれらのツールを利用して,自分のすべてのWindows Vistaコンピュータがバックアップされていること,そしてWindows FirewallやWindows Update,アンチウイルス・ソフトウエアが正常に機能していることを確認できるのだ。
・クールなアドオン
 Microsoftは,この素晴らしい製品をWindows 2003の上に構築した。したがって,これは「本物」のサーバー製品なのである。さらにMicrosoftは,開発者やサードパーティ・ベンダーが同製品に機能を追加できるように,WSH用のソフトウエア開発キット(SDK)も作成した。HPがリリースするWHSアプライアンスでは,WHSのCD-ROMに含まれているものをはるかに超える機能が提供される予定である。WHSのベータ・プロセス期間中でさえも,開発者が作成したクールなアドオンが公開され始めていた。これらのアドオンについても,近いうちに取り上げようと思う。

 WHSは,多くの人がホーム・ネットワークに接続し,管理する方法を変えようとしている。WHSの出来があまりにもいいので,筆者はもっと多くのことを読者の皆様に伝えたくてたまらないのだ。WHSの連載記事は今後も続くので,楽しみに待っていてほしい。

【関連記事】