PR
●名称:Fedora 8 Live
●提供元:Fedoraプロジェクト
●URL:http://fedoraproject.org/
●対応機種:PC AT互換機,PowerPC搭載機

 Fedoraプロジェクトは2007年11月8日(米国時間)に,同プロジェクトが開発するLinuxディストリビューション「Fedora 8」を公開しました(関連記事「Linuxディストリビューション「Fedora 8」が公開」,「画面で見る最新Linux」)。Fedoraは,さまざまな先端機能をいち早く実装することを重視して開発されているLinuxディストリビューションです。

 Fedora 8では新たにオンライン・デスクトップ機能が搭載されました。オンライン・デスクトップとは,GmailなどのWebアプリケーションの利用効率を向上させるアプリケーションです。デスクトップ上にサイド・バーを表示し,そこからWebアプリケーションを簡単に呼び出すことができます(具体的な使い方は日経Linux2008年1月号で解説)。

 セキュアOS機能の設定ツールも改善されています。Fedora 7に搭載されていた「セキュリティレベルの設定」ツールではファイアウオールとSELinuxの両方の設定が行えました。Fedora 8ではこの「セキュリティレベルの設定」を,ファイアウオールの設定を行う「ファイアーウォールの設定」ツールと,SELinuxの設定を行う「SELinux Administration」ツールに分けることにより,より使いやすくなっています。

 Fedora 8では,DVDからインストーラを起動してパソコンにインストールする「Fedora 8 DVD」(これを用いたインストール手順は,こちらを参照),CDからFedora 8を直接起動して利用できる「Fedora 8 Live」および「Fedora 8 Live KDE」が用意されています。Live版については,CDから起動するとGNOMEまたはKDEが起動します。そのデスクトップ上に配置されているインストール・プログラムを起動することで,ハード・ディスクへのインストールも可能です。

 Fedoraプロジェクトは,用途に応じてカスタマイズされた派生版のFedora 8である「Fedora 8 Spins」も配布しています。例えば,Linux用ゲームを搭載した「Fedora 8 Live Games」,開発用アプリケーションを搭載した「Fedora 8 Live Developer」,電気・電子関連アプリケーションを搭載した「Fedora 8 Live FEL」です。

 本インストール・ガイドでは,Fedora 8 Live(PC AT互換機用)を利用して,パソコンにFedora 8をインストールする方法を紹介します。Fedora 8 Live KDEでも同様な手順でインストールが可能です。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料