PR

米i2テクノロジーズ カレン・ラウカストラテジック アライアンス・ディレクター 米i2テクノロジーズ
カレン・ラウカストラテジック
アライアンス・ディレクター

 SCM(サプライ・チェーン・マネジメント)ソフト大手の米i2テクノロジーズは2005年にマイクロソフトと提携し、共同でSCM分野の製品開発やマーケティング活動を展開している。その現状について、ストラテジックアライアンス・ディレクターのカレン・ラウカ氏は「協業して良かった。成果は確実に出ている」と言い切る。

 特に、製品強化は順調という。「マイクロソフトと製品を共同開発することで、当社の課題だったソフトの操作性が、格段に向上した」とラウカ氏。営業面では、i2のSCMコンサルタントがマイクロソフトの担当者とチームを組んで、顧客開拓に当たる機会を増やしているという。「マイクロソフトが持っているユーザー企業とのパイプを生かすことで、新規顧客を増やす」とラウカ氏は意気込む。