PR

 日経SYSTEMSの書籍「システム基盤の統合ノウハウ」の著者自ら,システム基盤の統合と安定稼働のポイントを講演。現場で培ったノウハウを解説する。また,サーバーやストレージの仮想化について,SIベンダーがポイントを紹介。併設の「仮想化パビリオン」では製品を展示し,デモを披露する。

 「止まらないシステム基盤はどう作ればよいのか」「仮想化はどこまで使えるのか」──。ITpro EXPO 2008の「止まらないシステム基盤/仮想化シアター」は,「システム基盤」「仮想化」の疑問に答える主催者企画。システム基盤の統合や安定運用を実現するためのノウハウを,第一線で活躍するエンジニアがシアター形式で解説する。仮想化については,シアター形式の製品/技術解説に加え,会場に展示した製品のデモを披露する(仮想化パビリオン)。今後のシステム構築を考えるうえで,多くのヒントがあるはずだ(図1)。

「システム基盤」「仮想化」の製品/技術/ノウハウを解説
図1●「システム基盤」「仮想化」の製品/技術/ノウハウを解説

第一線のエンジニアが現場で培ったノウハウを紹介

 システム基盤とは,サーバー機やOS,ミドルウエアを組み合わせた“アプリケーションの土台”のこと。この品質が悪いと,システムが止まる,遅くなるといったトラブルが引き起こされる。

 最近では,品質を高めるために「システム基盤を統合する」という動きが盛り上がっている。社内に散在するサーバーをブレードサーバーなどに統合し,運用の品質向上やコスト削減が図れることがその理由だ。

 このような統合の動きに着目し,日経SYSTEMSは書籍「システム基盤の統合ノウハウ」を出版。これは,SIベンダーのエンジニアが現場で培ったノウハウを持ち寄り,それを1冊にまとめたものである。本シアターでは,書籍の執筆者である,野村総合研究所,日本総研ソリューションズ,NTTデータ,NTTデータ先端技術のエンジニアが講演を行い,「統合時の注意点」「安定稼働への施策」といった生きたノウハウを紹介する。

公開インタビューを通じて仮想化の真価が明らかに

 また,システム基盤を構築/運用するうえでホットな話題の一つに,仮想化技術の取り込みがある。CPUやメモリー,ストレージといったハードウエア・リソースを仮想化して共用することで,リソースの利用効率が高められる。また,システム統合に仮想化技術を組み合わせることで,より柔軟な運用が可能になる。

 本シアターでは,仮想化技術を活用するためのポイントについて,SIベンダーの担当者が製品/技術を解説する。「VMware」や「Xen」といった仮想サーバー・ソフトの使いこなし方から,ストレージ仮想化のポイント,クライアント環境の仮想化まで,幅広い講演メニューを用意した。さらに,日経SYSTEMSの記者がSIベンダーに公開インタビューを行い,仮想化の真価を明らかにする。