PR

 丸山さんはBP商事にシステム担当要員として採用された“自称”システム管理者である。全社システムを担当した経験がない丸山さんは,友人である進藤さんの助けを借りてサーバーの導入と運用にチャレンジしている。

 新年度が始まり,新規事業の立ち上げに向けてBP商事も慌ただしくなってきた。そんなある日…。

鈴木:おおーぃ,まるちゃん。

丸山:はい,社長。なんですか。

鈴木:この前ちょっと話したサーバーを増設する件なんだが…。

丸山:新規事業で使うサーバーですね。

鈴木:そうだ。そのサーバーにはLinuxを使いたいんだ(図1)。

図1●新規事業用のサーバーをLinuxとSambaで構築することになった
図1●新規事業用のサーバーをLinuxとSambaで構築することになった

丸山:えーっ。今までと同じWindowsではダメなのですか?

鈴木:まだ内緒なんだが,新規事業は子会社として独立させる予定だ。新会社が軌道に乗るまでは,できるだけランニング・コストを下げたくてな。山田と話したところ,ライセンス料が不要なLinuxでSambaを使うのがいいということになったんだよ。

コスト削減のためにSambaを導入

丸山:えーっ(Windowsサーバーだけでやっとなのに…)。私…,Linuxは専門ではないですし…。

山田:大丈夫だよ。最近のLinuxは,インストールも簡単だし…。

丸山:でも,英語ばっかりでしょ。コマンドを打たなきゃいけないし…。

山田:昔は確かにそうだったけど,最近のインストーラは,ほとんど日本語化されているよ。それに,GUIで設定するツールも増えてるし。そうだ,家に資料がたくさんあるから,もってきてあげるよ!

社長:がんばって勉強してくれ。早速サーバーを1台,注文しておくから。

丸山:ひぇ~…(またまたピンチ)。

 その夜,丸山さんは例のごとく進藤さんにアドバイスを求めた…。

進藤:山田君も余計なこと言うわね。

丸山:そう。いつもあいつが…。

進藤:それで,Sambaね。確かに最近のLinuxは,ずいぶん扱いやすくなってきているわよ。雑誌におまけで付いているCDやDVDで簡単に手に入るし…。

丸山:でも,Linuxまで面倒みるのは,大変だし,イヤだなぁ…。

進藤:新会社だと,経営が安定するまで,いろいろ大変なんでしょ。ライセンス費用がかかるWindowsよりも,フリーのLinuxを使いたい気持 ちはわかるわ。

丸山:でも,Linuxなんでしょ。それなのに,どうやってWindowsサーバーと同じように見えるの?

進藤:それはね…。ペンギンが,Windowsの皮を被ったようなものよ…。

丸山:???

進藤:本当はペンギンだけど,外から見るとWindowsに見える。それがSambaの役目ということよ。