PR

写真1●シリコンバレーにあるYahoo!の社屋
写真1●シリコンバレーにあるYahoo!の社屋

 米Microsoftからの突然の買収提案から1週間超を費やし,米Yahoo!がようやく出した結論は“別の道”を探るというものだった。米国時間2008年2月11日,Yahoo!はMicrosoftによる買収提案を拒否すると正式発表。声明の中でYahoo!は,Microsoftが提示したYahoo!の価値1株31ドルは「(Yahoo!の)世界的なブランド力やユーザー数,広告基盤への投資額,余剰資金,将来性といった側面に照らし合わせて,低すぎる」とし,そのうえで「今後,急速に変化する業界情勢を考慮して戦略的な選択肢を探り,引き続き株主利益を最大化するための方策を追求する」との意向を示した。

 これを受けて,Microsoftも同日声明を発表。「Yahoo!のこの回答によって,我々の信念が変わるわけではない。今回の提案によって引き出される価値の恩恵をYahoo!の株主が受けられるようにするため,我々は“必要なあらゆる手続き”をとる用意がある」とし,今後買収価格の引き上げや,株式公開買い付け(TOB)の可能性があることを示唆した(関連記事:「著しい過小評価」,Yahoo!がMicrosoftの買収提案を拒否)。

写真2●Microsoftの広報サイト。10日以上たった今もトップは買収提案の話題
写真2●Microsoftの広報サイト。10日以上たった今もトップは買収提案の話題
[画像のクリックで拡大表示]

 この買収劇,結論が出るのはまだ先で,長期化の様相も呈してきたという観測があるが,Yahoo!としてはそれほど時間がない状況にある。経営改革など多くの課題を抱える中の,突然の買収提案。今,Yahoo!は株主の圧力も受けながら大急ぎで買収回避策を模索している。

 446億ドルというIT業界で過去最大級の買収価格は,業界の勢力図に変化をもたらす巨大買収だ。互いに慎重に策を練っているようで,両社から発せられる一次情報はまだ少ない。そんな中でも海外メディアはしきりにニュースを伝えている。関係者筋の情報やアナリストの見解などを取材し,連日新たな情報を報じている。それら記事に目を通していると,今後考えられる興味深いシナリオがいくつか見えてくる。今回は現時点で注目されている3つのシナリオについて考えてみる。


表1●MicrosofによるYahoo!買収提案後の経緯
1月29日
・Yahoo!が07年Q4決算を発表,23%の減益。翌日Yahoo!株は19.05ドルに下がった (関連記事
1月31日
・MicrosoftのCEO Steve Ballmer氏がYahoo!の取締役会に買収提案の書簡を送付 (発表資料
2月1日
・Microsoft,Yahoo!に総額446億ドルの買収提案をしたと発表 (関連記事
・Yahoo!,Microsoftから「求めていない」提案を受けとった,慎重に検討するとコメント。Yahoo! CEOのJerry Yang氏が社員にメールを送付
・Yahoo!株急騰。前日比48%増の28.38ドル
2月3日
・Google,コメントを発表,「独占的地位乱用の再現」とMicrosoftを批判
・Microsoft,「合併はいっそう市場の競争を高める」とGoogleに反論 (関連記事
2月6日
・Yahoo! CEOのJerry Yang氏が再び社員にメール,「Microsoftの乗っ取りに抵抗する」 (関連記事
2月11日
・Yahoo! ,買収提案を正式に拒否
・Microsoft,「“必要なあらゆる手続き”をとる用意がある」と計画続行の意向を表明 (関連記事
2月12日
・Yahoo!の第2位株主,株主宛ての書簡で「MSは買収を成立させたいなら価格を引き上げるべき」とコメント (関連記事
・Yahoo!株が29.87ドルに上昇
2月13日
・Yahoo!がNews Corpと資本提携で協議中と報じられる