PR

 ファイアウォールの設定確認やトラブルシューティングでの情報収集の際に,パソコンの通信状況を確認したいことがあります。このような場合は,netstatコマンドを使います。単に「netstat」と入力するだけで,自分が実行している通信のコネクション情報として,プロトコルの種類やあて先アドレス,送信元アドレス,状態といった情報を表示します(図1)。

図1●Windows Vistaで「netstat」とだけ実行した画面
図1●Windows Vistaで「netstat」とだけ実行した画面
[画像のクリックで拡大表示]

 さらに,Windows XPとWindows Server 2003で利用できる-oオプションや,Windows XPのSP1以降およびWindows Server 2003のSP1以降で利用できる「-bv」オプションを使えば,あるポートをどのプロセスがオープンしているのかを確認する際に役立ちます。オプションは「-a -n」のように個別に指定することも,「-an」のようにまとめて指定することも可能です(図2)。

図2●Windows XP ProfessionalのSP2で「netstat -anbv」と入力して詳細情報を表示した画面
図2●Windows XP ProfessionalのSP2で「netstat -anbv」と入力して詳細情報を表示した画面
[画像のクリックで拡大表示]

 netstatについての詳細は,こちらをご覧ください。