PR
三十九、ITで 負けるな我が社 ここにあり

 今の時代、ITを活用し、立派な経営をする企業はたくさんあります。エクセレンスカンパニーといわれる企業はITも非常にうまく使っています。ITを使っているから、エクセレンスなのではなく、ITを使うべきニーズを自ら生み出し、経営に活用しているからこそエクセレンスなのです。

 売上高の大小で競争するのでなく、ITの活用度で競争する方が結果的に優良企業になれるのではないでしょうか。顧客の声を聞く仕組み、製品の安全と供給を保証する仕組み、企業組織の総力を結集し経営成果を通じて社会貢献できる仕組み、いずれもITが使える領域です。

 社内外のITの専門家を上手く組織し、支援体制を組むことでITの活用度を上げていく。これこそ、まさに優良企業の社長の使命ではないでしょうか。


(文・森岡 謙仁=経営・情報システムアドバイザー、
アーステミア有限会社代表取締役社長)