PR

コニカミノルタビジネステクノロジーズ 木谷彰男社長 コニカミノルタビジネステクノロジーズ
木谷彰男社長

 「複合機単体の売り上げは前年割れが続いている。複合機ソリューションを起点にSI事業に乗り出すことが、今後の成長の鍵を握る」。複合機の開発を手がけるコニカミノルタビジネステクノロジーズの木谷彰男社長は気を引き締める。

 同社は1月下旬、販売会社のコニカミノルタビジネスソリューションズ、シーイーシー(CEC)と共同で新会社を設立。以前からCECと協業していたため、業務提携という選択肢もあった。だが木谷社長は「ビジネスを素早く拡大し、サービスの安定供給を図るには、会社設立がベスト」と判断した。新会社は、複合機とシステム構築サービスを組み合わせた文書管理ソリューションやパソコンの運用管理サービスなどを手掛ける。売り上げ目標は5年後までに100億円。2年目からの黒字転換を目指す。