PR

■『日経NETWORK倶楽部メール』2008/2/29(vol.34)

☆☆☆IPv6関連記事を取り揃えました☆☆☆

 こんにちは。編集長の藤川です。

 3月号は,ちょっと冒険して「IPv6特集号」としました。特集1はIPv6
を採用した新しい通信サービスNGNをフォーカスした「スタート直前!
NGNはこう使う」。特集3の「図解で学ぶネットワークの基礎」はそのも
のずばり「IPv6」です。このほか,連載講座の「Viataネットワーク大
解剖」と「レイヤー3スイッチ攻略術」でもIPv6をテーマに取り上げて
います。

 2008年は,NGNのサービス開始のほか,出荷を控えるWindows Server
2008など,IPv6に関連するサービスや製品が続々登場します。2008年は
まさに,IPv6が離陸する年となりそうです。3月号をお読みいただけれ
ば,IPv6の技術からIPv6を採用するサービスまで,IPv6の現状を理解し
ていただけると自負しています。ぜひ,お読みいただき,ご感想などを
お寄せください。

 なお,次号の2008年4月号は誌面をリニューアルしてお届けします。
詳細は次号のメルマガでご紹介する予定です。

 本誌記事ならびに日経NETWORK倶楽部メールに関するご意見・ご感想
お待ちしています。送付先は以下の通りです。

e-mail:nnwclub@nikkeibp.co.jp
fax:03-5421-9083

============================================================================

■INDEX
1.特集プラスワン
 ●NGNは「インテリジェント・ネットワーク」
 ●SIPで拠点間をつなぐサービス・メニューに期待
 ●「旅人」が「賢者」を目指す「OSPF物語」
 ●IPv6で冷や汗
2.「トラブルからの脱出」取材日記
 ●外資では当たり前? 各国本社のシステムは全部本社経由で
3.今号のリンク
4.今月のおさらい
5.編集部からのお知らせ
6.次号(2008年4月号)予告

============================================================================

1.特集プラスワン

●NGNは「インテリジェント・ネットワーク」

 3月末に始まるNTT東西地域会社のNGNサービス。特集1では「NGNはこ
う使う」と題して,サービスの実像を解説しました。取材して感じたの
が,NGNのインテリジェントさ。通信路を設定して帯域や優先度を指定
できる代わりに,余計な通信はできないようになっています。同じIPを
使うインターネットが頭を使わずIPパケットの転送に徹する「ステュー
ピッド・ネットワーク」なのとは,発想も実体もまったく違います。

 インテリジェント・ネットワークか,ステューピッド・ネットワーク
かという議論は,10年以上前から電話系の通信事業者とインターネット
支持者の間で繰り広げられてきました。今まではステューピッド・ネッ
トワークの方が優勢だったのですが,ネットワークでさまざまなアプリ
ケーションが使われるようになるにつれ,帯域確保や優先制御,マルチ
キャスト通信といった,これまでインターネットで提供されてこなかっ
た技術が求められていることも事実です。その答えがNGNというわけな
のでしょう。通信事業者の21世紀版のインテリジェント・ネットワーク
であるNGNが市場にどのように評価されるのかはまだわかりませんが,
注目しておく必要があると思いました。(阿蘇)

----------------------------------------------------------------------------
●SIPで拠点間をつなぐサービス・メニューに期待

 本誌発行直前の2月27日に東西NTTがNGNサービス「フレッツ光ネクス
ト」の概要や料金を発表しました。ただし,ここで発表されたのは,近
く提供が予定されているサービスだけです。こうしたサービスのほかに
も,NGNを活用した新しいタイプのサービスが次々と登場してきます。

 これから登場すると見られるサービスの中で,個人的に期待している
のが「企業の拠点間をSIPで接続,帯域が保証された通信路を必要なと
きにだけ利用できる」サービスです。昨年実施された実証実験では,放
送局がスポーツの試合といった臨時のイベントの番組素材の伝送などに
利用されました。

 このサービスは技術的にはともかく,帯域幅,保証される伝送品質,
課金単位(時間単位かデータ量単位か)に対応してどのような料金体系
を設定するかなど,検討内容が多いことは容易に想像できます。とはい
え,現行のサービスである専用線,ISDN,インターネットを補完できる
ため,企業ユーザーにとって使い勝手が良いサービスとなることでしょ
う。早期の実現を期待しています。

 なお,このサービスについても本誌の特集で触れていますので,ぜひ
ご覧になってください。(前田)

----------------------------------------------------------------------------
●「旅人」が「賢者」を目指す「OSPF物語」

 今回の特集2では「OSPF」を取り上げました。読んでみた方はお気付
きかもしれませんが,今回は,特集全体を「ロールプレイング・ゲーム
風」に仕立ててみました。

 まだ読んでいない人は,ぜひp.58の「準備編」を開いてみて下さい。
物語の主人公が「旅人」から「商人」,「戦士」,「魔術師」と自身を
レベルアップさせていき,最終的に「賢者」を目指すストーリーになっ
ています。

 OSPFのようなプロトコルは,腰を据えて勉強すると息が詰まります。
そこで,こうした難しいテーマを取り上げるときは,いつも「楽しく勉
強するにはどうすばいいか?」を考えます。

 私は,「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」といった
ロールプレイング・ゲームにハマった世代。自分の育てるキャラクタが
レベルアップしていく楽しさに夢中になりました。今回は,こうした楽
しさを誌面に盛り込んでみたつもりです。

 物語の主人公は,もちろん読者の皆さんです。ぜひ,特集を読んで経
験値(知識)を獲得し,レベルアップ(スキルアップ)していただけた
らと思います。(半沢)

----------------------------------------------------------------------------
●IPv6で冷や汗

 特集3のテーマは「IPv6」です。アドレスが作られるしくみや,IPv6
で使われるアドレスについて資料を読みながら記事を書いていったので
すが,グローバル・ユニキャスト・アドレスで使われるプレフィックス
の中にある構成要素に関する規定が変わっていることを,締め切り直前
にデスクから指摘されました。

 p.103の欄外にも書きましたが「TLA ID」や「NLA ID」,「SLA ID」
といった値ってもう使われていないんですね。識者に話をお聞きしたと
ころ,「IPv4アドレスでもまだ“クラスA”とか“クラスB”って言った
りしますよね。あれと同じように,しばらく“TLA ID”とか“NLA ID”
とかって言われるんでしょうね」とのことでした。知らず知らずのうち
に,IPv6も歴史を重ねたインターネット・プロトコルになっているよう
です。

 いや~,締め切り直前だったので冷や汗かきましたが,勉強になりま
した。(久保田)

============================================================================

2.「トラブルからの脱出」取材日記

●外資では当たり前? 各国本社のシステムは全部本社経由で

 記事中でもちらっと触れましたが,今回,取材にご協力いただいた方
の勤務先は外資系企業。各国の支社のシステムは,本社のシステム部が
まとめて統括しています。社内の機器が外部とやりとりするすべての通
信は,海外にある本社を経由するネットワーク構成になっているそうで
す。例えばVPNの認証システムは本社側にあるので,日本支社の社員が
自宅からVPNで社内LANにアクセスする際は,「自宅(日本)→本社(海
外)のネットワークで認証→日本支社のネットワークにアクセス」とい
う流れになります。それだけではありません。日本支社内のパソコンか
らインターネット上のWebサイトを閲覧する際も,一度,本社を経由し
てからでないとインターネットに出て行けません。当然のように,Web
サイトなどの表示速度はとても遅いので,利便性は低くなります。

 ハードの故障などの理由で,ネットワーク機器やサーバーを取り換え
る際も,機器の手配や設定,一切を本社側で済ませた状態で,“あとは
置くだけ”になった製品が日本支社に送られてくるそうです。当然,利
用する回線の種類なども,本社側で指定してくるとのこと。

 問題は,本社側が必ずしも日本のITの現状をきちんと把握していると
は言えない点です。そのため,日本支社の現場では,「本社から指定さ
れたのとは別の機器や回線を使った方がコストも下がるし信頼性も高く
なるのに…」ということがあるとか。本社による厳しい管理はセキュリ
ティの観点からは理想的なのかもしれませんが,職場の生産性を上げる
には,「各国の支社のシステムを全て同じような構成にはせず,国ごと
の状況に応じてある程度カスタマイズした方が良いのでは?」と思って
しまいました。(田村)

============================================================================

3.今号のリンク

最新の2008年3月号で紹介したURLを,コラム別にまとめました。

----------------------------------------------------------------------------
●今月の逸品「指先に載るほど超小型の組み込み向けサーバー機」
(p.84)

組み込み用サーバー「XPort-03R」の製品情報
http://www.lantronix.jp/products/ds_xport.shtml

----------------------------------------------------------------------------
●インター博士とネット君の3分間NetWorking Annex(p.86)

誰にでもよくわかるネットワーク講座「3分間NetWorking」
http://www5e.biglobe.ne.jp/~aji/3min/

----------------------------------------------------------------------------
●Vistaネットワーク大解剖(pp.124-129)

ネットワーク管理者が覚えておくと便利なコマンドを集めた「管理者必
見!ネットワーク・コマンド集」
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20060224/230618/

WindowsXPサービス・パック2向けのLLTDレスポンダを公開している
マイクロソフトのWebサイト
http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?displaylang=ja&
FamilyID=4f01a31d-ee46-481e-ba11-37f485fa34ea

フリーのパケット・キャプチャ・ソフト「Wireshark」のWebサイト
http://www.wireshark.org/

----------------------------------------------------------------------------
●展示会/セミナー

SECURITY SHOW 2008
http://www.shopbiz.jp/top/index_SS.html?PID=0003&TCD=SS

TECHNO-FRONTIER 2008
http://www.jma.or.jp/TF/index.html

次世代高速イーサネット(40G/100G Ethernet)
http://www.oitda.or.jp/main/study/ngn/ngn.html

ワイヤレスブロードバンドの展望
http://www.ahri.co.jp/business/seminar/information/080306.html

シンクライアントソリューションセミナー
https://www.ashisuto.jp/seminar/?id=2232

2008年 世界の携帯電話市場展望
http://www.ssk21.jp/seminar/seminar.cgi?id=nbp-2008-3-19-S08048

NECブレードサーバ+VMwareが実現する! 仮想化サーバ統合デモ&セミ
ナー
http://www.nec.co.jp/svsol/demo.html

「トータル仮想化ブレードシステム」によるシンクライアントソリュー
ション
http://h50146.www5.hp.com/events/seminars/oss/0803/07.html

============================================================================

4.今月のおさらい

 日経NETWORKではITpro(http://itpro.nikkeibp.co.jp/index.html)
の「今日の腕試し!」コーナーで毎週木曜日にクイズを公開しています。
過去1カ月に紹介したクイズを紹介します。あなたのネットワーク実力
チェックにぜひご利用ください。

●セキュリティ・ホールにつながるプログラムのバグを発見する手法で
あるファジングの説明のうち,間違っているのは次のうちどれでしょう。
1)ソース・コードが公開されていないプログラムにも有効な手法である
2)エラーをおこしそうなデータを自動的に生成して入力する
3)クラッカに悪用される可能性がある
4)ソース・コードを調べる方法に比べ効率は悪い
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20080227/294887/

●通信事業者で使われるPBBという技術の説明として正しいものは次の
うちどれでしょう?
1)IP-VPNの拡張技術である
2)Windowsネットワークを高速化する拡張技術である
3)インターネットVPNの拡張技術である
4)広域イーサネットの拡張技術である
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20080213/293672/

●光ファイバの「1分岐貸し」の説明のうち,正しくないのはどれでしょ
う?
1)NTTが他の通信事業者に光ファイバを“バラ売り”するしくみである
2)光ファイバを保有するNTTが積極的に推進している
3)NTT以外の通信事業者の採算性が向上すると期待されている
4)NGN時代が近付いているため,そのあり方が議論の対象となっている
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20080213/293695/

●USB 3.0の説明として間違っているものは次のうちどれでしょう?
1)2組のSTPケーブルを使って通信する
2)USB 3.0のケーブルはUSB 2.0対応の機器では使えない
3)USB 3.0ではパソコン(ホスト)と周辺機器のどちらからでも通信を開始できる
4)現在のUSB 2.0よりも10倍以上の高速通信を実現する
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20080129/292364/

●ウィルスなどに感染したパソコンを企業の社内LANに接続させないし
くみを,衛生関連の用語に例えて何と呼ぶでしょう。
1)ワクチン・ネットワーク
2)免疫ネットワーク
3)検疫ネットワーク
4)消毒ネットワーク
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20080130/292414/

============================================================================

5.編集部からのお知らせ

●『絶対わかる! ネットワーク超入門ホームネット編』を発売しました
 日経NETWORKの超入門シリーズの第21弾「絶対わかる! ネットワーク
超入門ホームネット編 実践ネットワーク超入門」が完成しました。イン
ターネットやFTTH/ADSL,無線LANにセキュリティなど,最近のパソコン
雑誌にはネットワーク関連の記事が満載です。しかし,どれも断片的な
情報や記述ばかりで実際に,家庭内にネットワークを構築し,活用する
ためには不十分です。

 本ムックは,ネットワーク技術を基礎から習得し,家庭の中にネット
ワークを構築するためのノウハウを学ぶのに最適な1冊です。専門的な予
備知識がなくてもビジュアルな図解と懇切丁寧な記述でネット技術を身
に付け,ホーム・ネットワークを構築できるように構成しました。

 価格は税込みで1680円。書店のほか,以下のURLからお申し込みいただ
けます。
http://ec.nikkeibp.co.jp/item/books/176690.html

============================================================================

6.次号(2008年4月号)予告

●特集1「“プロトコル”を体系的に学ぶ」
 新入学や新社会人の季節である4月。その4月号の特集1は「プロトコ
ル」がテーマです。プロトコルについて,初心に戻って一緒に学んでい
きましょう。ネットワークのレイヤー構造も含め,自分が理解している
レベルを再確認! 初めて勉強する人も,うろおぼえな人も,この特集
でプロトコルに関する基礎知識をしっかり固めましょう。(久保田)

●特集2「新Windowsネットワークのすべて」
 いよいよ次世代のサーバー版Windows「Windows Server 2008」が登場
します。Windows Vistaと同じ次世代のネットワーク機能を備えたOSが
企業ネットに本格的に入ってくることで,否が応でもWindowsネットの
世界は大きく変わっていきます。世間では,とかく「OSとしてのVista
が好きかどうか」や「XPから乗り換えるべきかどうか」といった話題が
先行しがちですが,そんなレベルの話は日経NETWORKの読者にはまった
く関係ありません。本質は,TCP/IPの通信やWindowsネットワークの様
子が劇的に変わることであり,今後出てくるOSでも間違いなく同じしく
みが使われていくということなのです。実際に,新しいWindowsネット
ワークがどのようなしくみで動くのか,この先10年以上通用する知識を
この機会に身に付けましょう。(斉藤)

============================================================================

★このメールは送信専用メールアドレスから配信されています。
このままご返信いただいてもお答えできませんのでご了承下さい。
----------------------------------------------------------------------------
◆メール登録内容の変更はこちらから。
https://passport.nikkeibp.co.jp/servlet/UpdateUserTopServlet
なお,変更・追加・中止の際には,ユーザーIDと暗証番号が必要です。

◆メール配信のユーザーID,暗証番号のお問い合わせはこちらから。
https://passport.nikkeibp.co.jp/bizpwd/search_pass/index.html

◆日経NETWORK倶楽部メールに関する各種お問い合わせはこちらから。
http://itpro.nikkeibp.co.jp/ask_pass/

◆日経NETWORKおよび日経NETWORK倶楽部メールの内容に関するご意見・
 ご要望はこちらまで。
e-mail:nnwclub@nikkeibp.co.jp
fax:03-5421-9083

◆日経BP社に関する各種お問い合わせはこちらから。
http://store.nikkeibp.co.jp/QA/
tel:03-5696-1111

◆日経NETWORKのWebサイトはこちらから。
http://itpro.nikkeibp.co.jp/NNW/

◆ネットワーク技術を学び使う人のための情報サイト「ネットワーク・
エンジニア倶楽部」はこちらから。
http://itpro.nikkeibp.co.jp/netengineer/

◆ネットワーク・エンジニア倶楽部の内容に関するご意見・ご要望は
こちらまで。
e-mail:neteclub@nikkeibp.co.jp

============================================================================
Copyright(C) 2008,日経BP社 掲載記事の無断転載を禁じます。
〒108-8646 東京都港区白金1-17-3

============================================================================