PR

AIRで実際にリッチ・アプリケーションを試してみよう

 では実際に AIR を試してみましょう。AIR 自体は実行環境なのでこれだけでは意味がありません。AIRを試すには別途AIRアプリケーションをインストールする必要があります。

図4●「AOL Top 100 Videos」のページ
図4●「AOL Top 100 Videos」のページ
[画像のクリックで拡大表示]
 AdobeのWebサイトには「Adobe AIR Marketplace beta」というページがあり,AIRアプリケーションをインストールできるようになっています。ここでは「AOL Top 100 Videos」を例に挙げて,インストールの方法について説明しましょう。ちなみにAOL Top 100 Videosは,海外のミュージック・ビデオを閲覧できるAIRアプリケーションです。

 まず「Adobe AIR Marketplace beta」で「AOL Top 100 Videos」のページを開きます(図4)。

 図4の中央の「INSTALL NOW」をクリックしましょう。AIR がインストールされていないと,図5のように AIR をインストールして良いかどうかを尋ねる画面が表示されます(AIR がすでにインストールされている場合は表示されません)。AIR のインストールには管理者権限が必要になります。また,AIRベータ版がインストールされている場合は,まずベータ版をアンインストールしてから AIR 1.0 をインストールしてください。さらに,前述したように日本語には未対応ですので,予期しない挙動をする場合があるかもしれません。

図5●インストール確認画面(その1)
図5●インストール確認画面(その1)

 図5で「はい」をクリックすると,AIR と AIR アプリケーションのインストール準備が十数秒で行われ,インストール確認画面が表示されます(図6)。

図6●インストール確認画面(その2)
図6●インストール確認画面(その2)

 図6の「Publisher Identity」は,このAIRアプリケーションを開発した個人/企業の電子署名が確認できた(VERIFIEDの)場合にグリーンのチェックマークになります。「System Access」は, AIR アプリケーションがローカル・ファイルシステムにアクセスするかどうかを表しており,X マーク(UNRESTRICTED)の場合はローカル・ファイルシステムにアクセスすることを意味します。しかし実はこれ,グリーンのチェックマークになることはありません。なぜなら,AIR アプリケーションは常にローカル・ファイルシステムにアクセスする"可能性"を秘めているからです。

 従来のWebアプリケーションと異なるAIR の特徴の一つに,アプリケーションがローカル・ファイルシステムにアクセス可能なことがあります。例えば,あるAIRアプリケーションが別のSWFファイルをロードする機能を備えていたとします。そのロードされた別のSWFがローカル・ファイルシステムにアクセスするかもしれないという“可能性”があるわけです。したがって,セキュリティ上の観点から,出所が怪しいアプリケーションはインストールすべきではありません。

 図6で「Install」をクリックすると,図7のようにショートカットの作成場所やAIRアプリケーションのインストール先(AIR自体のインストール先は固定)を選択します。

図7●AIRアプリケーションのインストール構成
図7●AIRアプリケーションのインストール構成

 図7で「Continue」をクリックすると図8のような AIR のライセンス確認画面が表示されます。

図8●ライセンス確認画面
図8●ライセンス確認画面

 図8で「I Agree」をクリックすると AIR と AIR アプリケーションが十数秒ほどでインストールされ,「AOL Top 100 Videos」アプリケーションが起動します(図9)。

図9●「AOL Top 100 Videos」の画面
図9●「AOL Top 100 Videos」の画面
(画像のアーティスト部分にはボカシを入れていますが,実際にはありません)

 図9を見てわかるように,AIR ではアプリケーション開発者が自由な形や配置のウィンドウを作成することが可能です。また,通常のデスクトップ・アプリケーションと同様に,デスクトップやフォルダのファイルを AIR アプリケーションへドラッグ&ドロップしたり,AIRアプリケーションからデスクトップやフォルダにファイルをドラッグ&ドロップしたりできます。

 AIRアプリケーションのアンインストールの方法も説明しておきましょう。アンストールは,コントロールパネルの「プログラムと機能」(Windows Vista の場合)から行うことができます(図10)。

図10●AIRアプリケーションのアンインストール
図10●AIRアプリケーションのアンインストール

 アンインストールを実行すると図11のような画面が表示されます。「Uninstall」をクリックするとコンピュータから削除されます。

図11●アンインストール画面
図11●アンインストール画面

 一度,AIR がインストールされると次回以降のAIRアプリケーションのインストール手順が変わります。図4で「INSTALL NOW」をクリックすると図12のような画面が表示されるようになります。

図12●AIRアプリケーションのインストール/保存
図12●AIRアプリケーションのインストール/保存

 ここで「Open」をクリックすれば図6の画面が表示されます。「Save」をクリックしてローカルに保存後,プログラム(AIRファイル)をダブルクリックしてインストールすることもできます。このように,通常のデスクトップ・アプリケーションのようなインストールもできれば,ブラウザのプラグインのような感覚でアプリケーションをインストールできることも,AIRの特徴の一つです。