PR
図 複製を実行している接続オブジェクト情報を表示した画面
図 複製を実行している接続オブジェクト情報を表示した画面
[画像のクリックで拡大表示]

repadmin /showconn *

 サイト間を含むActive Directory複製では,接続オブジェクト情報を見て複製パートナーの関係を把握することが重要です。この内容は通常ドメイン・コントローラの管理ツールにある「Active Directoryサイトとサービス」スナップインを使って確認するのが一般的ですが,第三者のサポートを受ける場合などGUIでの確認が困難な場合は,repadmin /showconnサブコマンドを使えば,同様の内容が確認でき便利です(図)。

 このコマンドを実行すると,各ドメイン・コントローラ上に保存された自サイトの接続オブジェクト情報をすべて表示してくれます。これにより,各サイト内でどんな接続オブジェクトが作成されているか,簡単にわかります。

 また,本来であれば,各ドメイン・コントローラの接続オブジェクト情報はすべて同じはずです(設定パーティションが複製する)。そのため,自分自身のサイトの接続オブジェクトは同じ情報となっているのが正常です。もし何か足りなかったり,内容が異なっていたりする場合,設定パーティションの複製が完了していないといった問題が発生していることも確認できます。