PR

【問題】
 Windows Server 2008を実行しているファイル・サーバーをメンテナンスのために再起動したところ,「Windowsブート設定データファイルには,必要な情報はありません」というメッセージが出て起動しなくなった。どのように対処すればよいか。

A. サーバー上のデータに対して毎日フル・バックアップを取るようにする
B. サーバーのNTLDRサービスの「% Disk Time」に対して警告を設定する
C. スタートアップ修復オプションを使って,BCDストアを修復する
D. 業務終了時間に合わせて復元ポイントを作成するように構成する

正解:C

【解説】
 Windows VistaやWindows Server 2008がインストールされているシステムでは,電源投入後,POST(Power-On Self Test)が実行され,その後フロッピ・ディスクやハード・ディスクなどの起動デバイスが選択される。

 ハード・ディスクから起動した場合は,最初のセクタに書き込まれたMBR(Master Boot Record)をメモリに読み込む。コンピュータはMBR内のブート・コードを実行し,さらにMBRが持つパーティション情報を参照してアクティブ・パーティションを検索する。それが見つかると,その最初のセクタにあるブート・コードを使用してブート・マネージャを実行する。

 ブート構成マネージャは,ブート構成データ(BCD)ストアに格納されたOSのブート・パーティション情報や,起動時のパラメータを読み取る。ストアに格納された情報は,BCDEditコマンドライン・ツールで編集が可能である。

 Windows Server 2003までは,ブート・マネージャではなくNTLDRを実行し,BOOT.INIファイルを参照してオペレーティング・システムがインストールされているパーティションを特定して,NTDETECT.COMを使用してハードウエアとデバイスに関する情報を収集し,OSを起動していた。このように,Windows Vista以降では,起動プロセスが変更されているのである。

 起動時に必要なファイルが失われたり破損したりすると,OSを起動できなくなる。その場合,スタートアップ修復オプションを使って,BCDストアを修復できる。

 スタートアップ修復オプションを使うには,Windows Server 2008のインストール・メディアからコンピュータを起動し,「コンピュータを修復する」オプションを選択する(図1)。さらに,修復するオペレーティング・システムを指定した後,修復の開始をクリックする。従って,正解はCである。

図1●Windows Server 2008のインストール・メディアからコンピュータを起動した画面
図1●Windows Server 2008のインストール・メディアからコンピュータを起動した画面
「コンピュータを修復する」を選択する。
[画像のクリックで拡大表示]

 そのほか,インストール・メディアから起動してBootrec.exeコマンド・ツール(図2)を使ってBCDストアを再構築したり,Bcdedit.exeツール(図3)によってBCDストアを手動で再構築したりすることもできる。

図2●Bootrecコマンドの実行画面   図3●BCDEditコマンドの実行画面
図2●Bootrecコマンドの実行画面
[画像のクリックで拡大表示]
  図3●BCDEditコマンドの実行画面
[画像のクリックで拡大表示]

 サーバー上のデータに対して毎日フル・バックアップを取っても,差分のデータは失われてしまう上,手間がかかりすぎる。従ってAは誤りである。

 サーバーのNTLDRサービスは存在しない。従ってBは誤りである。

 復元ポイントは,Windows XPなどのクライアントOSで利用できるバックアップである。従ってDは誤りである。