PR

IIS 7.0 で最も興味深い変更点の1 つは、構成システムがリファクタリングされたことです。IIS 6.0 では、構成設定の場所がmetabase.xml だけしかありませんでした。そして、これを変更するにはサーバーの管理者である必要がありました。すべての設定を単一のストアに集中すれば、IIS チームにとって設定を配置する場所や構成を読み込む方法がわかりやすくなります。また、問題が発生した場合に、管理者が問題の場所を簡単に突き止められます。

 しかし、この方法は柔軟性があまり高くなく、Web ファームでの設定のレプリケーションやサーバー管理者への権限の付与などは現実世界のニーズを満たしていないため、チームまたは開発者はイントラネットサーバー上で各自のWeb サイトを構成できません。さらに、ASP.NET とIIS 6.0の構成システムは完全に設計が異なるため、単一のWeb サーバーに対して複数の構成テクノロジが必要です。

 IIS 7.0 ではmetabase.xml が再設計され、applicationHost.config に変更されました。新しいapplicationHost.config の構造はIISSchema.xml ファイルで宣言されています。このため特定の設定に関して利用できるオプションを正確に知りたい場合は、このファイルを確認してください。

 新しい構成システムでは、IIS 7.0 の構成の設計方法について新しい選択肢が提供されます。

  • 単一の構成ファイル
    この設計では、IIS 7.0 の設定はすべてapplicationHost.config に保存される。これを行うには、IIS マネージャでのすべてのIIS 7.0 設定で、機能の委任が読み取り専用に設定されていることを確認する。Web サイトまたはアプリケーションの設定に変更を加える場合、更新された構成は、applicationHost.config 内の<Location>タグを使用して適用される。この設計の利点は、管理者にとって完全に制御可能な点にあることは明白である。

    注意
     .NETの構成設定はmicrosoft.net\framework\<バージョン>\config\web.config にあるルートのweb.config ファイルに保存されます。

  • 委任された構成
    委任された構成設定は、web.config の<system.webserver>エントリ間に書き込まれる。多くはないが、一部の設定は既定で委任される([機能の委任]ページを確認し、[ヘルプ]をクリックすると、さまざまな設定の意味が示される)。委任する設定を構成するには、[読み取り/書き込み]に設定する。この操作を行う場合は、開発者によってweb.config が新しいweb.config で上書きされると委任された設定が影響を受ける可能性があることを理解しておく。

  • 構成の共有
    すべてのIIS 7.0 サーバーで、単一のapplicationHost.config ファイルを共有するように設定できる新機能である。構成の共有機能は、Web ファーム内のサーバー間でIISの構成設定をレプリケートする必要をなくすように設計されている。具体的な技術の詳細は、IIS.NET に掲載されている。この機能を委任された構成と共に使用すると、サイトまたはアプリケーションで特定の設定を制御できる。

 IIS7.0 を展開する前に、Web サーバー、アプリケーション、およびインフラストラクチャ設計をじっくり見直して、新しい構成機能を最大限に活用する方法を決定してください。