PR
図1 ドメイン・コントローラ接続オブジェクトを手動で作成した画面
図1 ドメイン・コントローラ接続オブジェクトを手動で作成した画面
[画像のクリックで拡大表示]
図2 ドメイン・コントローラの接続オブジェクトが療法に作成されている
図2 ドメイン・コントローラの接続オブジェクトが療法に作成されている
[画像のクリックで拡大表示]

repadmin /siteoptions DC名 /site:ブランチ・サイト名またはハブ・サイト名 +IS_REDUNDANT_SERVER_TOPOLOGY_ENABLED +IS_TOPL_DETECT_STALE_DISABLED

 通常のサイト間複製では,あるサイトからみた別サイトのブリッジヘッド・サーバー(サイト間複製を担当するドメイン・コントローラ)は一つです。例えば,サイト内の複数ドメイン・コントローラに同時に接続オブジェクトを作成することはできません。しかし,repadmin /siteoptionsサブコマンドを使えば,別のサイトに対して複数のブリッジヘッド・サーバーに接続オブジェクトをそれぞれ作るといった冗長構成をとることができます。

 Winodws Server 2003フォレスト機能レベルのフォレストで,ハブ・サイトに二つのドメイン・コントローラがあり,ブランチ・サイトに一つのドメイン・コントローラがある環境で,ブランチ・サイトからハブ・サイトのそれぞれのドメイン・コントローラ接続オブジェクトを作成する冗長化構成をとりたい場合は,以下のコマンドを実行します(図1,図2)。具体的には,ブランチ・サイト側のドメイン・コントローラで相手のハブ・サイト名を指定し,さらにハブ・サイト側のドメイン・コントローラで相手のブランチ・サイト名を指定します。

repadmin /siteoptions DC名 /site:ブランチ・サイト名またはハブ・サイト名 +IS_REDUNDANT_SERVER_TOPOLOGY_ENABLED +IS_TOPL_DETECT_STALE_DISABLED

 上記を実行してしばらく経つと,ブランチ・サイトのドメイン・コントローラの接続オブジェクトが,ハブ・サイトの二つのドメイン・コントローラに対して両方作成されているのがわかります(図2)。

 この設定が有効になっていると,例えばハブ・サイトの1台のドメイン・コントローラがダウンしても,もう一方のドメイン・コントローラから複製を行うことができるようになります。

 ここで説明した設定の詳細については,「Windows Server 2003 Active Directory Branch Office Guide」として公開している資料などを参考にしてください。