PR

 ソニーマーケティングは2008年3月31日,NTT東西地域会社のフレッツ光ユーザーを対象にしたパソコン向け動画配信サービス「branco:ブランコ」を開始する。本編と一緒に配信されるCMの広告収入をベースに運営費やコンテンツ調達費を賄い,利用者は海外ドラマ,アニメ,音楽,ドキュメンタリーなど六つのチャンネルを無料で視聴できる。視聴中の番組について利用者同士でチャットをしたり,視聴動向に合わせて利用者が好みそうな番組を推薦するサービスも提供する。このサービスの対象ユーザーがNTT東西のフレッツ光の利用者に限定されているのは,他のパソコン向け動画配信とは異なる「リアルタイム配信」という特徴を生かすためだ。

 米Googleの「YouTube」やUSENの「Gyao」に代表されるパソコン向け動画配信サービスはテレビ放送と差異化するため,VOD(ビデオ・オン・デマンド)方式が一般的だ。しかしブランコはパソコンを操作しながら見る形態を想定し,チャンネルを選ぶだけで番組表に従って次々と番組が見られるテレビ同様の視聴スタイルを提案している。

 ブランコのサービス実施にあたっては,提供する動画の品質にこだわったという。VOD方式の場合は回線が多少不安定な場合でも,バッファーをうまく活用すれば動画を途切れさせずに表示できる。一方,ブランコで採用しているリアルタイム配信の場合には回線が不安定だと,番組が視聴途中で途切れるなどの影響を受けやすい。安定した品質でリアルタイム配信を行うため,ブランコでは「IPv6」のマルチキャスト機能を利用することを前提に,仕様の検討が行われた。

 IPv6のマルチキャスト方式の回線技術を利用することで映像配信サーバーの負荷を下げられ,安定して映像を送信できる。また,家庭内で複数のネットワーク機器を利用する場合,現行のIPv4ではルーターのNAT機能でIPアドレスを変換しながら利用している。このアドレス変換による遅延が,配信映像を不安定にする原因となる場合がある。IPv6では複数のネットワーク機器を利用する場合でも,NATによるIPアドレス変換を行わないため,より安定した品質でリアルタイムの動画配信が楽しめるという。

 ソニーマーケティングは,ブランコをNTT東西のフレッツ光のユーザーに限定して開始する理由として,「IPv6のマルチキャスト方式を使い,安定した品質でDVD画質のリアルタイム動画配信を行うには,現時点ではフレッツ光しか選択肢がなかった」と説明する。ただし,他社の回線を利用したサービスも安定して配信できる環境が整えば検討の可能性もあるとしている。