PR

開発●kitt氏
URL●http://www.k3.dion.ne.jp/~kitt/pc/sw/ffc/

実に様々なソフトウエアが無料で利用できるようになっています。そこで,主に「ソフトウエアを作る環境を楽しくするお役立ちフリーソフト」を集めて,1日1本のペースでご紹介します。

 「Fire File Copy」は,異なるパーティションへのファイル・コピーを高速化するツールです。特に,同一の物理ドライブ中の別パーティションへのファイル・コピーに威力を発揮します。その仕組みは意外に簡単。Windowsのエクスプローラでコピーする場合には,コピー元のファイルを少しずつ読み出して,コピー先に少しずつ書き込みます。一方,Fire File Copyは,物理メモリー上に大きなバッファを用意して,そこにコピー元のデータをなるべく大量に読み込み,ためたデータを一気にコピー先に書き込みます。こうすることで,ハードディスクが目的のデータの場所を探す「シーク」という動作が極端に減り,結果として高速にコピーできるのです。ハードディスクのシーク時には大きなノイズが出るものです。このソフトを使えば,ノイズの低減も狙えます。

図

 高速にコピーできるだけでなく,コピーの中断/再開機能や,複数のコピー要求をまとめて受け付けて,順番に処理していくといった,Windowsのエクスプローラでは不可能な機能も備えています。さらに,拡張用DLLを組み込むと,コピー元とコピー先のデータを比較して,MD5ハッシュ値を計算し,完全に同一であるかどうかを確認することも可能になります。また,コピー・ファイルを選択するときに「*」(ワイルドカード)を利用して,拡張子やファイル名の一部が同一であるものだけを抜き出してコピーすることも可能です。最近のパソコンは必要以上のメモリーを搭載しているものも少なくありません。このソフトを使えば,余ったメモリーを有効活用できるでしょう。