PR

 千葉県立東金病院が中核となって構築した「わかしお医療ネットワーク」。2001年に実証実験として立ち上げた同ネットワークは、循環型の地域医療連携として注目を集めてきた。全国各地で医療連携の実現を模索する地域が多い中で、わかしお医療ネットワークが「成功している」と評される背景には、立ち上げの中心となった東金病院の平井愛山院長による地域の診療所とのヒューマンネットワークの形成と、診療所医師への技術移転に尽力したことがある。そうした活動をベースに、地域共有電子カルテを中心とした医療情報ネットワークシステムをプラットフォームとして活用した結果、地域医療の再生に向けた効果を徐々に生み出しつつある。

医療過疎を救うべく目指した循環型地域医療連携

 千葉県は、東京に隣接する北西部と太平洋沿岸部および半島部との医療格差が大きく、特に九十九里沿岸の山武地域6市町(東金市、山武市、大網白里町、九十九里町、芝山町、横芝光町)の医療過疎は深刻な状況にある。人口約22万人を抱える山武地域の医療を担っているのは、1953年に開設された千葉県立東金病院(病床数191床、17診療科)をはじめとした3カ所の公立の中核病院、4カ所の民間病院、および約90カ所の診療所だ。地域内の医師数は約180人で、人口1人あたりの医師数としては全国平均の半分以下、千葉県下でも最低という医師不足の地域である。

 こうした医療過疎の問題に加えて、1990年末には、糖尿病が悪化して下肢を切断しなければならない状態になる糖尿病性壊疽の割合が全国平均の約5倍と極めて多い、という地域的な重い現実に直面していた。山武地域における糖尿病患者数は約1万2000人と推定されるが、それに対して糖尿病治療を提供できる医療体制が十分でないために、病状の悪化を招いた結果がその数字に表れていたのである。

技術移転を含んだ活動こそが医療連携だと言い切る、平井愛山氏
技術移転を含んだ活動こそが医療連携だと言い切る、平井愛山氏

 「極端な病院勤務医の不足に加えて、当時は糖尿病専門医が当病院に2名、国保成東病院に1名だけ。両病院で約600人のインシュリン療法を必要とする患者さんを抱えていましたが、圧倒的に医療供給体制が不足していました。特に問題だったのは、約90カ所ある診療所に糖尿病専門医がひとりもおらず、地域全体で糖尿病治療を提供できる環境になかったことです」。1998年に県立東金病院の院長として着任した平井愛山氏は、当時の山武医療圏が抱えていた問題をこう振り返る。

 病院勤務医が不足し、医療過疎が深刻化している地域では、これまでの病院勤務と診療所医師の役割分担を再度見直し、より一層の機能分担を進めて連携強化を図ることが地域医療の再生に不可欠だと考えていた平井氏だが、同氏が目指したのは「循環型地域医療連携」を基盤にした地域完結型疾病管理モデルの実現だった。そのプラットフォームとして構築したのが、「わかしお医療ネットワーク」である。