PR

 「事業の中断」によってもたらされるダメージ(損失)を、いかに最小化するか。この経営課題に対する企業の挑戦が「BCM (Business Continuity Management:事業継続マネジメント)」である。本連載では、企業が競争力を向上させるために、どのような観点でBCMに取り組むべきなのかを、全9回にわたり解説していく。

(山本 直樹=べリングポイント)

<目次>


第1回 BCM(事業継続マネジメント)とは何か
 

第2回 しなやかで力強いBCMを実現するには
 

第3回 コマンドセンターの役割
 ― BCP策定時に考慮すべきこと(その1)

 

第4回 「クリティカルな業務」のBCPを考える
 ― BCP策定時に考慮すべきこと(その2)

 

第5回 顧客対応の優先順位をどう考えるか
 ― BCP策定時に考慮すべきこと(その3)

 

第6回 企業がとるべき新型インフルエンザ対策とは
 ― BCP策定時に考慮すべきこと(その4)

 

第7回 被災地にトヨタやホンダが駆け付けた理由
 ― サプライチェーンのBCM(その1)

 

第8回 グローバルな事業継続のカギは標準化と共通化
 ― サプライチェーンのBCM(その2)

 

最終回 BCMの意義 ― どう発展させ経営に生かすべきか