PR

 2008年7月22~24日の3日間,東京ビッグサイトにて開催された「ワイヤレスジャパン2008」。無線やモバイルに関連した展示会で今年で13回目を迎える,今回は国内外から180社が出展し,韓国サムスンや中国のZTEやファーウェイ・テクノロジーズなどの海外メーカーが目立った。3.9G(3.9世代携帯電話)といった高速化をにらんだ技術,iPhoneやAndroidを意識したような端末/コンセプトなどが披露された。一方で,モバイル・キャリア6社のトップが,それぞれの戦略を講演した。

多様な端末/サービス,可能性広がる技術~展示会から~
韓国サムスンが全面タッチパネルのWindows Mobile携帯「OMNIA」を出展,国内でも年内発売
NTTドコモ,携帯と健康機器を連携させる「ウェルネスプラットフォーム」をデモ
iPhone,ネットいじめ,世界対応などを意識--コンテンツ関連ブース
携帯のBREWアプリをパソコンから操作,KDDIが参考出展
VHF帯ハイバンドを利用するISDB-Tmm端末をシャープが試作
センチュリーが8月出荷予定の3.5Gモバイル・ルーターを展示
触って試せる「Android」,アイ・エス・ビーがデモ
Web画面を分割表示するモバイル端末向け画面転送ソフト,カシオが参考出展
ウィルコム,次世代PHS「WILLCOM CORE」を参考出展
シャープが携帯電話用の独自サービスを展示
「単三電池で8時間駆動」,エイビットがハンディ型のエリア限定ワンセグ送信機
KDDIが1Gビット/秒の赤外線通信を参考出展
世界シェア6位の中国ZTEが日本進出の本格化をアピール
日立,無線センサー・ネットを利用した家庭向けの消費電力モニタリング・システムを展示
安全かつ効率的に使える電池パックをNTTドコモが出展
NTTドコモがLTEの無線伝送デモを披露
NECエンジニアリング,無線温湿度センサーを使ったオフィス向け省エネ・ソリューションをデモ
モバイル・キャリア6社トップが戦略を語る~基調講演から~
行動支援サービスがモバイルの新世界を
NTTドコモ
代表取締役社長
山田 隆持氏
携帯電話はパーソナルエージェントへと進化
KDDI
代表取締役社長兼会長
小野寺 正氏
携帯電話の未来は万能データ通信端末
ソフトバンクモバイル
取締役副社長
松本 徹三氏
記事その2
次世代PHSビジネスを検討する研究会設立
ウィルコム
代表取締役社長
喜久川 政樹氏
それでも日本の通信料金は高い
イー・モバイル
代表取締役社長兼COO
エリック・ガン氏
高速・安価な広帯域モバイル通信の“黒子”に
UQコミュニケーションズ
代表取締役社長
田中 孝司氏
新たな端末/サービスの創造に向かう~講演/発表から~
 NECは,2008年7月22日に東京ビッグサイトで開幕した「ワイヤレスジャパン2008」で,現在企画している携帯電話機のコンセプト・モデルを披露した。基調講演で各モデルが備える機能や狙っているユーザー層などを説明したほか,展示会場でもモックアップを見せている。
シャープの松本副社長が語るモバイル再活性化に向けた3つの処方箋
「LTEとHSPA+のフラグメンテーションは市場に悪影響を」,ドコモの尾上氏
「低価格市場で1億ドルの売り上げを狙う」―中国ZTE社
「アプリ抜きに3.9G,4Gは語れない」,総務省渡辺電波政策課長が語る