PR

 米Google,米Microsoft,米Apple,米eBayなど,大手各社の4~6月期決算が出そろった。各社とも大幅な増収増益の好業績。しかし投資家の見方は一様に厳しく,いずれも期待外れという評価が下された。好業績にもかかわらず,各社の株価は値を下げたのだ。

 この4~6月期の決算発表を受けて,金融セクターの株価は全般的に回復基調にある。しかしハイテク・セクターはいまだ投資家の不安を募らせており,さえない状態が続いていると言われている。とりわけ今回米メディアで大きく取り上げられたのがGoogleとMicrosoft。New York Timesの記事では,「いつもオールAの学生2人が,珍しくもそろって落第点をとった」などと表現し,この状況について詳しくレポートしている。

二ケタ成長のGoogle,何が投資家を落胆させたのか?

 Googleの4~6月期業績は,売上高が前年同期比39%増の53億7000万ドル。純利益は同35%増の12億5000万ドル。ともに大幅な二ケタ成長。主力収益源のネット広告事業が大きく伸びた。しかし,支出額が予想を上回ったこと,資金運用収益が予想を下回ったことなどで,1株当たり利益が市場予測を下回り,結果としてGoogle株は同日7%下落した(関連記事:GoogleのQ2決算,大幅増収増益だがアナリスト予測を下回る)。

 米国の景気減速を背景に各社の業績が低迷するなか,Googleと言えどもそれを払しょくするに十分な材料をそろえられなかった。そのことが投資家を落胆させたようだ。

 GoogleのEric Schmidt CEO は,これまで市場を取り巻く経済情勢について言及したことはなかったが,今回初めて「経済環境はより厳しくなっている」という言葉を使った。さらに同社は初めて,首席エコノミストのHal Varian氏を業績発表の場に登場させ,経営状況について説明させている。こうした異例の行動が投資家の不安をあおったとも言われている。

 Googleは,将来の業績に関する予測や観測を公表しない企業として知られている。投資家やアナリストは,Googleが発表する一字一句を見逃さず,行間までも読みとろうとしている。減速基調にある米経済を,Googleがどんな表現で安心させてくれるのか,それを期待していた投資家にとって,弱気ともとれる発言。落胆は大きかったようだ。

 前日のeBayの業績発表で投資家が失望していたこと,ValueClickやLooksmartといったディスプレイ広告企業の利益が景気停滞で圧縮されたことなどを背景に,この分野の不信感は募っていた。そこに,Googleの異例の行動が重なったというわけだ。「我々は,景気動向に大きく左右されない収益モデルを築いている」と常に強調してきたGoogle。しかし投資家はその自信に陰りのようなものを感じ,敏感に反応した。