PR

IPv6標準対応をプロパティで確認できる

 Vistaのネットワーク機能で最も大きなニュースはIPv6(アイピーブイロク)への標準対応だろう。「ネットワーク接続の詳細」や「ローカルエリア接続のプロパティ」を開いてみると,すぐにそのことを実感できる。それらの画面には「IPv6」の文字がしっかりと見てとれるのだ。

 「詳細」ボタンをクリックして「ネットワーク接続の詳細」ダイアログを表示してみる(同5)。一見すると今までと変わらないが,スクロールしていくと,「リンクローカルIPv6アドレス」,「IPv6デフォルト・ゲートウエイ」,「IPv6 DNSサーバー」という目新しいプロパティが現れる。

 「リンクローカルIPv6アドレス」とは,ルーターを越えないLANの範囲で使うIPv6アドレスのこと。常に「fe80::」で始まるので,すぐにわかるだろう。ここでのIPv6のアドレス表記は16進数で16ビットごとにコロン(:)で区切られ,インタフェース番号と組み合わされた形になる

 図2では,「IPv6デフォルト・ゲートウエイ」や「IPv6 DNSサーバー」の項目には,まだIPv6アドレスは表示されていない。だが,IPv6対応ルーターを使ったり,IPv6のDNSサーバーに接続したりすれば,ともにIPv6アドレスが自動的に設定されるはずだ。

 次に「ローカルエリア接続の状態」の画面で「プロパティ」ボタンをクリックしてみよう(同6)。すると,「ローカルエリア接続のプロパティ」に「インターネットプロトコルバージョン6(TCP/IPv6)」という項目がチェックされて表示される。つまり,デフォルトの状態でIPv6機能が有効になっているのだ。同じように「インターネットプロトコルバージョン4(TCP/IPv4)」もチェックされている。Vistaでは,これらのチェックボックスで,IPv4とIPv6それぞれについて有効あるいは無効を簡単に指定できる。

 IPv6プロトコルを選択して「プロパティ」をクリックすると,IPv6の設定画面が開く(同7)。項目自体はデフォルトで自動取得になっており,IPv4と変わらない。ただ,アドレス欄がとても長く,IPv6アドレスを入力しようとすると大変だと実感してしまう。もっともIPv6にはアドレスの自動設定機能があるため,個別にアドレスを設定する場面はIPv4よりずっと少ないはずだ。

 このように,VistaではIPv4とIPv6はまったく対等に扱われている。むしろIPv6の方が前面に出ているといった方が正しいかもしれない。IPv6なら,ほぼ無限といえるIPアドレスが利用でき,ローカルなアドレスと変換する「NAT(ナット)」も不要になる。おまけに,IPアドレスが自動的に決まるので「DHCP」さえ無用となる。セキュリティ面も,「IPsec(アイピーセック)」で安全にファイル共有ができるなど,IPv6の利点を挙げればきりがない。

 Vistaでは,搭載されているアプリケーションの多くがIPv6に対応済み。つまりLAN内のマシンすべてがVistaになれば,IPv6だけでWindowsネットワークが構築できるようにさえなる。

 インターネット上のサーバーの多くがIPv6に対応していないし,XP以前のWindowsマシンとの通信も問題となる。このため,今すぐIPv4を捨てるわけにはいかないが,VistaでIPv6の普及に拍車がかかることは間違いないだろう。

中島 省吾
メディアプラネット社長
テクニカル・ライターとしてネットワークやソフトウエア関連の記事を執筆するほか,企業研修の企画・講師,ソフトウエアの開発などを手がける。