PR

 Windowsパソコンで,スタート・メニューからマイネットワークやネットワークを開いていくと,ネットワーク上に存在するパソコンが一覧表示される。これが,Windowsネットワークで特徴的な“ブラウジング”である。このブラウジングがVistaで動くしくみを調べてみよう。

 最初に結論を言うと,Vista(ビスタ)はブラウジングでも,従来と同じしくみをそのまま利用している(図1)。それに加えて,Vistaパソコンやネットワーク機器といった新しい情報も取得・表示するためのネットワーク探索方式を新たに採用した。こうした従来と同じブラウジングで取得した情報と,新しい「ネットワーク探索」方式で取得した情報のそれぞれを合わせて表示するようになっているのだ。

図1●Vistaの「ネットワーク」ウインドウでは,(1)従来と同じ方式と(2)新たに追加された方式の二つの方法で得た情報を組み合わせて表示している
図1●Vistaの「ネットワーク」ウインドウでは,(1)従来と同じ方式と(2)新たに追加された方式の二つの方法で得た情報を組み合わせて表示している
[画像のクリックで拡大表示]

大きく変わったVistaのネットワーク一覧画面

 Vistaのブラウジングの画面は大きく変わっている。これまでのXPで慣れ親しんだ「マイネットワーク」がなくなり,その代わりにスタート・メニューにある「ネットワーク」を選択する。そのネットワークのメニューを選ぶと,いきなりネットワーク上にあるすべてのコンピュータが一覧表示されてびっくりする(図2)。

図2●Vistaの「ネットワーク」ウインドウではネットワーク上にあるパソコンや機器の情報をまとめて表示する<br>Windowsネットワークで従来から使っているNetBIOSブラウジングに加え,新たに追加したWSDとSSDPでの探索結果も一緒に表示する。
図2●Vistaの「ネットワーク」ウインドウではネットワーク上にあるパソコンや機器の情報をまとめて表示する
Windowsネットワークで従来から使っているNetBIOSブラウジングに加え,新たに追加したWSDとSSDPでの探索結果も一緒に表示する。
[画像のクリックで拡大表示]

 さらに,この「ネットワーク」ウインドウの画面で,見慣れたコンピュータ以外に,ルーターなどのネットワーク機器やネットワーク・プリンタといったネットワーク対応機器のアイコンが表示されるのも目新しい。しかも,すぐにすべてのアイコンが表示されずに,中には少し遅れて表示されるアイコンもある。

 XPにはあった,自分のグループのパソコンを一覧表示する「ワークグループのコンピュータを表示する」や,「ネットワークプレースを追加する」といった左側のメニューはなくなっている。その代わりに,右側のウインドウに表示された一覧の中から目的のアイコンを探しやすくするために,「名前」や「グループ」などの項目ごとに分けた表示や,表示順の並び替え,表示のフィルタリングなどができるようになっている。