PR
NTTコミュニケーションズ 代表取締役社長 和才 博美氏
NTTコミュニケーションズ
代表取締役社長
和才 博美氏

 日本企業のグローバル化が進展し、2007年度には海外での売上高、売上高比率、従業員数ともに過去最高を記録した。生産・販売、物流などの海外拠点の拡大とともに、部品の調達、供給などで水平分業体制を敷く企業が増えている。こうしたグローバルなオペレーションにより、24時間365日、ノンストップの経営が不可欠になる。

 世界規模のシームレスな分業体制とシステムを構築するうえで、安全・安心なグローバルICT基盤がますます重要になる。ICT基盤はまさに企業経営の神経系であり、競争力向上の大きな要素となっている。

 当社は、海外22カ国、51都市(2008年7月2日現在)に子会社・関連会社等を展開し、グローバルビジネスを推進する企業の多様な要件に応えるICTソリューションを提供している。そして、グローバルで勝つ要件を“3つのキーポイント”で表している。第1のポイントは「ワンストップ」。ネットワーク構築からシステム運用・保守まで、エンド・ツー・エンドのオペレーションをワンストップで提供する。第2は「高品質」。ネットワークの高速性はもちろん、ビジネスに欠かせない高信頼性、高セキュリティの品質を確保する。そして、第3が「BCP(事業継続計画)」。万一の災害時や通信設備の障害時にも、最短時間で復旧することにより事業を継続できる。これらのキーポイントはグローバルなオペレーションを行う企業のみならず、当社が世界の通信キャリアとの競争に勝つための要件でもある。

グローバル規模で統一したサービス品質レベルを実現

 ワンストップ、高品質、BCPの要件を満たすのが、「SI」「データセンター」「ネットワーク」「保守力」「フットプリント」の“ICT5種の神器”である。さらに、当社では「ソリューション」「グローバル」「セキュリティ」「ユビキタス」「ポータル/エンジン」「ネットワークマネジメント」「高信頼保守」の7つを、“コアバリュー”として事業成長のエンジンに位置付け、注力している。そして、7つの“コアバリュー”と“5種の神器”を組み合わせたグローバルICTソリューションを展開しているところだ。

 企業の要望にワンストップで応える一例に、独アイテリジェンス社との協業がある。当社のグローバルネットワーク、データセンター、ホスティングサービスなどのICTサービスと、アイテリジェンス社のSAPアプリケーションサービスを、ワンストップソリューションとして企業へ提供している。
また、ホスティングなどに加え、BCPの観点から、データセンターが企業に注目されている。当社ではアジアや北米、欧州など27カ所で自前のグローバルデータセンターを展開。グローバルで統一したサービス品質レベルを実現し、企業に要求される信頼性の高いサービスを提供している。

品質の高い現地通信会社と連携して障害時に対応する

 当社はアジアで唯一のグローバルTier1プロバイダとして、世界最大級のグローバルネットワークを構築していることも特長だ。IP-VPNなどのサービスを用意しているので、企業は閉域網による高セキュリティ、高品質のネットワークを構築できる。

 グローバルネットワークは、日米間が185Gビット/秒、アジア&パシフィックが53Gビット/秒、米国・欧州間が39Gビット/秒の大容量・広帯域を備えている。通信量は年々増大しており、ネットワークの需要拡大に応じて帯域を増強しているところである。

 その一環として、大容量データに対応する海底ケーブルを敷設。例えば、ロシアの通信会社トランステレコム社との協業により、北海道・サハリン間に敷設した最大640Gビット/秒の海底ケーブルが間もなくサービスを開始する予定だ。ロシアルートが実現することで、欧州へ最短ルートで結ばれる。従来のルートに比べ遅延が小さいことから、金融機関などの企業に適している。このほか、2009年度の開通を目指して日本・米国・中国を結ぶ最大5.12Tビット/秒の海底ケーブルのプロジェクトも進行中である。

 こうしたプロジェクトや保守、ネットワークマネジメントなどのソリューションでは、品質の高い現地通信キャリアとの協業がポイントになる。エンド・ツー・エンドで企業ネットワークの保守・運用を担うためには、障害時に当該国の通信事業者と連携しながら対応する必要があるからだ。

 例えば、2006年12月に発生した台湾沖地震で海底ケーブルが被災したが、チャイナテレコムとの連携により、上海・香港を結ぶ陸路迂回ルートを一晩で開通させた実績がある。

 当社は、英テレマーク社が実施した「国際データ通信サービスに関するグローバル顧客満足度調査」(2008年4月)において、総合第1位を獲得した。ネットワークの信頼性など、品質の高いサービスが評価されたと自負して
いる。

 今後も「つなぐ」をミッションに、時代の先頭を走るICTソリューションパートナーとして、企業の安全・安心なグローバルビジネスを支えていく。