PR
米国セールスフォース・ドットコム 会長兼CEO マーク・ベニオフ氏
米国セールスフォース・ドットコム
会長兼CEO
マーク・ベニオフ氏

 CIOとは、Chief Information Officerではなく、Chief “Innovation”Officerであるべきだ。システム開発のために、限られた予算や時間をやり繰りしてハードウエアやデータセンターの選定に頭を悩ませることが主要任務ではない。企業を取り巻く環境変化の中で、新たなビジネスをスピーディに創出し、企業の成長を推進させるのが本来の仕事だ。

 なぜ、それが難しいのか。それはアプリケーション開発に、人件費など莫大なコストと時間がかかりすぎるからだ。ベンダー側の責任も大きい。

 例えば、CRMシステムを構築するケースだ。システムおよびネットワーク、ハードウエア、サーバーOS、ミドルウエアを選定し、それらをカスタマイズする。さらに多言語対応やユーザー認証、システム統合などを行ったうえで、データセンターの一角にハードを設置。稼働後は、パッチの適用やモニタリングなどのセキュリティ管理、データのバックアップ、各種分析やプロビジョニングを行う。アプリケーション開発の段階では、プログラミング言語や開発環境の導入、教育など非常に多くの手間がかかり、サービスインまで多大なコストとリスクをユーザー側が背負わなければならない。

従来のビジネスモデルは顧客にリスクを負わせる

 私たちが1999年に会社を設立した時、従来型のソフトウエア提供モデルと訣別する、エンタープライズ向けに特化したソリューションのアイデアを温めていた。当社のSaaS(Software as a Service)の特長は2つある。1つはマルチテナント、もう1つがサービスに対する従量課金制の採用だ。

 マルチテナントとは、ITインフラやサービスを、多くの利用者が共有する仕組みだ。サーバーやストレージのリソースを無駄なく使える。ITインフラのアップグレードやパッチの適用は、当社が一括して行う。遅くとも6カ月に1度はバージョンアップしている。これまでリリースした改訂版は26回に上る。サンフランシスコの開発拠点でバグをフィックスすれば、数分後には世界中で最新版が利用できる。ユーザーの手を一切煩わせないほか、1つのサービスに標準化できることで、設備や提供コストを低下させられる。

 信頼性も実証済みだ。ユーザー企業数は4万3000社、各社のサービスを利用するエンドユーザー数は110万。トランザクションは1日につき1億5000万、毎秒処理するSQL文の数は16万、APIコールは1カ月間で19億。それを支えるインフラの可用性は99.99%、各トランザクションは平均210ミリ秒で実行される。インフラには約1億ドル投資してきた。

 SaaSにおけるポイントの2つ目が、従量課金制の採用だ。顧客は、従来のシステム開発のように、サービスインする前にハードやセキュリティシステムを用意する必要はない。顧客に大きなリスクを負わせる、これまでのビジネスモデルが奇妙なのだ。

 当社は、まもなく10周年を迎えるが業績は順調に推移している。年間売上高はもうすぐ10億ドルを超える。また一方で、株式の1%、就業時間の1%、製品の1%を社会奉仕に費やす社会貢献活動に全社員が取り組んでいる。

サーバーは無くてもいいし特殊なアプリの開発も不要

 さらに当社では、PaaS(Platform as a Service)のコンセプトに基づくソリューション、Force.comを半年ほど前に発表した。このプラットフォーム上では、プリメイドの各種サービスを利用できるほか、ISV事業者が独自のSaaSを構築できるサービスレイヤーも提供している。すでにキヤノン、NTTコミュニケーションズ、ゆうちょ銀行など日本の大手企業が、PaaS上のサービスを利用している。

 このようなForce.comの導入支援を、日本で手がけているベンダーがテラスカイだ。同社は、Force.comとSaaSの画面設計を容易にするVisualforceを活用して、生産性を高めている。

 例えば、ある不動産会社では、物件の内外観およびキッチンやバスルームの詳細写真をサイト上にアップする一方、Force.comに含まれるSFA機能を活用し、商談管理を効率化するワークフローを構築した。また、ある旅行会社では、世界各地のツアー添乗員が、旅行先の国々の天候や風景を携帯電話に付属のカメラで撮影し、メールで送信。この写真を各ツアー情報に結び付けることで、顧客の旅に対する期待感を高めるほか、旅行中に撮影した記念写真を後でアルバムにまとめるサービスも提供している。

 上記で紹介した不動産会社や旅行会社は、サーバーを用意していない。携帯電話から写真をアップロードするための特殊なアプリケーションの開発も不要だ。高度なプログラム開発を行わず、Force.comと公開されたプログラムコード、Visualforceのみで、コンポーネントを組み合わせ、UIをデザインしている。このように、PaaSは、すべてのユーザーがビジネス革新を実現する、Web 3.0のコンセプトを具現化するだろう。