PR
ラックホールディングス 三柴 元 会長兼社長
ラックホールディングス 三柴 元 会長兼社長

 「これまで事業譲渡のスキームだから大丈夫だ、との説明を繰り返すことに追われていた」。こう打ち明けるのは、ラックホールディングスの三柴元会長兼社長である。同社がニイウス コーのディーラー事業部門を買収するニュースが伝わると、「(債権者などとの)訴訟沙汰にならないか」「(破綻した企業を買収して)大丈夫か」といった不安の声が取引先や一部の株主から寄せられたという。

 三柴会長は、今回の案件が企業買収ではない点を強調する。「負債は引き継がないし、採算性の確かな事業部門だけを買収したので、心配しないでいただきたい」。「不正取引にかかわった当時の関係者は退社している。過去とは完全に決別した」と言い、米田光伸社長の指揮の下でディーラー事業の再建に自信を見せていた。