PR

一覧表示したアカウントを右クリックして管理

 ドメイン(ドメイン・コントローラ)への接続が終了すると,そのサーバー内に保存されているActive Directory情報がスキャンされ,情報がタブで分類された形で表示される(図3)。起動直後の画面だと,「Explorer」タブ画面の左側のペインにビルトイン・アカウントやドメイン・コントローラ,ユーザー,OU,コンピュータなどの項目が表示され,右側のペインには,それに対応した情報がまとめて表示される。ADNMの特徴は,このようにアカウントを一覧表示させた状態で管理できることだ。

図3●ADNMの起動後にはExplorerタブを開いた状態で画面が表示される<br>ここでは,OU情報を展開して表示させているが,実際にはすべて折りたたまれて表示される。画面の表示情報は記憶してくれず,情報を展開表示したままプログラムを終了させても,次回起動時には常に初期状態に戻って表示される。
図3●ADNMの起動後にはExplorerタブを開いた状態で画面が表示される
ここでは,OU情報を展開して表示させているが,実際にはすべて折りたたまれて表示される。画面の表示情報は記憶してくれず,情報を展開表示したままプログラムを終了させても,次回起動時には常に初期状態に戻って表示される。
[画像のクリックで拡大表示]

 一覧できる表示できるActive Directoryの情報としては,ユーザー・アカウントおよびコンピュータ・アカウント「Users」および「Computers」がある。これらは,それぞれのタブをクリックすると表示されるようになっている。たとえば,ユーザー・アカウントを一覧表示するには,「Users」のタブをリックする(図4)。この画面では,ユーザー・アカウントごとに,アカウントの有効性,ロックアウトされているかどうか,最終ログオンの日時,使用しているコンピュータのIPアドレス,ログオン認証を受けたサーバー名--などの情報が一覧できる。どのような項目を表示させるかについては,ウインドウ上方の右端に見えている「Option」タブをクリックして編集する(詳細は後述)。

図4●「Users」タブをクリックした時に表示されるユーザー・アカウント一覧画面<br>ほとんどのユーザー管理はこの画面から行うことが可能だ。検索機能があるので,特定のユーザー・アカウントを見つけ出したいときには,アカウント数が多いときには便利だろう。
図4●「Users」タブをクリックした時に表示されるユーザー・アカウント一覧画面
ほとんどのユーザー管理はこの画面から行うことが可能だ。検索機能があるので,特定のユーザー・アカウントを見つけ出したいときには,アカウント数が多いときには便利だろう。
[画像のクリックで拡大表示]

 ユーザー・アカウントの一覧表示画面で,特定のユーザー・アカウント行で右クリックすると,コンテキスト・メニューが表示されて,パスワードのリセットや無効化,削除などの簡単な管理ができる(図5)。この画面で,ユーザーを選んで「Edit」を選択すると,ユーザー・アカウントで管理している各項目が個別に選択できるようになり,詳細な管理ができる(図6)。管理したい項目が決まっていて,しかも1つだけならばこの操作が便利だが,通常は図5のコンテキスト・メニューの下方に示されている「Properties」を選択した方が管理しやすいだろう。こうすると,そのユーザー・アカウントのプロパティ画面が表示され,管理している項目がまとめて表示される(図7)。

図5●特定のユーザー・アカウント行で右クリックした際に表示されるコンテキスト・メニュー<br>ユーザー・アカウントをすばやく無効にしたりパスワードを再設定したりするときに便利だ。メニュー下部に示されている「Properties」メニューからは,詳細なユーザー・アカウント管理画面が表示される。
図5●特定のユーザー・アカウント行で右クリックした際に表示されるコンテキスト・メニュー
ユーザー・アカウントをすばやく無効にしたりパスワードを再設定したりするときに便利だ。メニュー下部に示されている「Properties」メニューからは,詳細なユーザー・アカウント管理画面が表示される。
[画像のクリックで拡大表示]
図6●ユーザー・アカウントを右して表示されるコンテキスト・メニューから「Edit」を選択すると,どの項目を編集するのか個別に選択するようになっている
図6●ユーザー・アカウントを右して表示されるコンテキスト・メニューから「Edit」を選択すると,どの項目を編集するのか個別に選択するようになっている
単一項目の編集だけなら,この画面からその項目を選び出してやるのが簡単だ。
図7●コンテキスト・メニューから「Properties」を選択するとユーザー・アカウントのプロパティ画面が表示される<br>ここで,ユーザー・アカウントの管理項目を一括して編集することもできる。通常はこちらの方が使いやすいだろう。
図7●コンテキスト・メニューから「Properties」を選択するとユーザー・アカウントのプロパティ画面が表示される
ここで,ユーザー・アカウントの管理項目を一括して編集することもできる。通常はこちらの方が使いやすいだろう。
[画像のクリックで拡大表示]