PR

 全米に先がけてサンフランシスコで発売されたAndroidケータイ「T-Mobile G1」。いち早く製品を入手して,使用感を一通り確かめた後,日経エレクトロニクス分解班はいよいよ分解に取りかかった。

 意気揚々と作業に着手した分解班は,いきなり難関にぶち当たった。筐体を止めるネジが外れないのだ。最初の二つはすんなり外れたものの,残る二つがダメ。ドライバーを押し当て回そうとしても,ピクリとも動かない。渾身の力で回していたら,山がつぶれて回せなくなってしまった。仕方なく,開いた状態の筐体に力を込めて,徐々にこじ開けていく。苦闘すること数十分。ようやく筐体が外れた。

第一世代のiPhoneと「YouTube」の再生を比較。「T-Mobile G1」の方が早く再生が始まった。
第一世代のiPhoneと「YouTube」の再生を比較。「T-Mobile G1」の方が早く再生が始まった。
[画像のクリックで拡大表示]
裏蓋を開けて,いよいよ分解開始。
裏蓋を開けて,いよいよ分解開始。
[画像のクリックで拡大表示]
四つのネジのうち二つはすぐに取れた。ところが残る二つが外れない。仕方なく筐体をこじ開けようとするが…
四つのネジのうち二つはすぐに取れた。ところが残る二つが外れない。仕方なく筐体をこじ開けようとするが…
[画像のクリックで拡大表示]
ようやく基板の全貌が現れた。
ようやく基板の全貌が現れた。
[画像のクリックで拡大表示]
筐体を取り外した状態。
筐体を取り外した状態。
[画像のクリックで拡大表示]
右下の金色のネジが外れなかったネジ。
右下の金色のネジが外れなかったネジ。
[画像のクリックで拡大表示]

[その2]アンテナが見当たらない…

>>Tech-On!の特集「Googleの未来地図」へ