PR

 情報通信技術の将来像として「環境知能」という概念を取り上げ、今後の方向性や問題点について論じている。環境知能とは、様々な事象が相互に絡み合う「環境」の中でコンピュータが果たす役割を指す。

 竹内郁雄氏や東浩紀氏、石黒浩氏、下條信輔氏らによるディスカッションや対談が内容の大半を占める。論者によって環境知能に対する考え方が異なるので、明確な結論は出ていない。それだけに環境知能を考える際の問題点が浮き彫りになっており、示唆に富む内容である。

環境知能のすすめ

環境知能のすすめ
NTTコミュニケーション科学基礎研究所監修
外村 佳伸/前田 英作編著
リミックスポイント発行
2520円(税込)