PR
オービック ビジネスコンサルタント 和田 成史 社長
オービック ビジネスコンサルタント 和田 成史 社長

 「ネットワークを通じて、データを自由にやり取りできる仕組みを実装することで、『奉行シリーズ』の顧客満足度を高めていく」。オービックビジネスコンサルタント(OBC)の和田成史社長は言う。

 同社は、今年10月に出荷したERP(統合基幹業務システム)パッケージ「奉行21Ver.5シリーズ」に、郵便番号や銀行の支店番号、社会保険の保険料率などのデータを、ネットワーク経由で自動更新する機能を追加した。

 「既存の機能に満足せず、技術革新に取り組めば、まだまだパッケージソフトの利便性を高めることはできる」。OBCの次のステップは、奉行シリーズをサービス化することだ。2009年4月をめどにSaaS(ソフトウエア・アズ・ア・サービス)型の奉行シリーズを出荷する計画である。