PR

 プロジェクト・マネージャとして、客先の要求をどうしても断らないといけないときがあります。いくら客先の要求でも、「それをやっても意味がない」場合は、勇気をもって断ることも必要なのです。とはいえ、普通に断るだけではしこりが残り、その後のプロジェクトに影響がでる可能性があります。だから断ってもお互いに気持ちよくいられる断り方が重要になります。

 では、「きれいに断る方法」とは何でしょうか?以前、プロジェクト・メンバーからの要求を綺麗に断る際に、「ほかのメンバーのため、顧客のためになる」というポジティブなことであると説明し、納得してもらう方法を紹介しました(か行の「」)。

 今回紹介する方法も、相手に納得してもらうことは同じですが、内容は逆です。それは、ネガティブ情報を相手に伝え、「相手がデメリットを感じて、自分で諦める」状態に誘導することです。「コンプライアンス上やってはいけないから」「これをしたらあなたに損失がでるから」といったものです。相手にとってネガティブな情報を与えることできれいに断る。PMはこのワザをぜひ習得するべきだと考えます。

ね
図●ネガティブ情報で諦めてもらう!
芦屋 広太(あしや こうた)
システムアナリスト/IT教育コンサルタント。SE、PM、システムアナリストとしてシステム開発・システム統合などを経験。この過程で調査・分析した内容を「ヒューマンスキル教育」としてモデル化。現場での教育、雑誌・書籍の発表、セミナー・研修に利用する。