PR

 社員の連絡に携帯電話を使いたい。だが携帯電話を会社持ちにすると,通信料金がかさんでしまう──。多くの企業のネットワーク担当者は,こうした課題に直面している。

 そんな中,2007年後半から通信事業者各社がユーザーの悩みを解消できるサービスを打ち出してきた。携帯電話と固定電話間の通話料を定額にするサービスや,内線電話用の設備をアウトソースするサービスである。いわば,新タイプのFMC(fixed mobile convergence)サービスだ(図1)。ユーザーは固定電話を合わせた通話料や,内線システムの導入・運用コストを減らすことで,トータルのコストを抑えられる。

図1●企業ユーザーの電話システムに対する悩みと解決方法<br>導入コストを抑えられ,より利便性を増した新タイプのFMCサービスが登場。企業の新たな選択肢になりつつある。
図1●企業ユーザーの電話システムに対する悩みと解決方法
導入コストを抑えられ,より利便性を増した新タイプのFMCサービスが登場。企業の新たな選択肢になりつつある。
[画像のクリックで拡大表示]

低コストが売り物のサービスが続々

 企業向けのFMCサービスというと,1台の端末をモバイルにも内線/固定電話にも利用できるNTTドコモの「PASSAGE DUPLE」などの無線LANデュアル端末を使ったソリューションの印象が強いかもしれない(表1)。しかし,自社でSIPサーバーや無線LANインフラを用意する必要があり,導入費が高くなる傾向にある。そのうえ,無線LAN機能を搭載する端末も必要になるなど導入のハードルが高く,広く普及していない。「無線LANデュアル端末のソリューションを選ぶのは10社に1社程度。選択するユーザーは少数」(ソフトバンクテレコムの石井基章営業開発第二本部第3営業部(FMC営業)部長)という。

表1●従来型の企業向けFMCサービス
サービス名 PASSAGE DUPLE OFFICE FREEDOM OFFICE WISE
提供事業者 NTTドコモ KDDI
サービス開始 2004年11月 2008年7月 2004年11月
利用のために必要なもの デュアル端末,無線LAN AP,SIPサーバー 携帯電話,屋内無線局設備
課題 導入コストが跳ね上がる 導入コストが跳ね上がる
端末の役割 モバイルと内線を1台に
電話番号の考え方 内線発信:XXXX,外線発信:0AB~J/050番号(オフィス内),090/080番号(オフィス外)
内線通話の安定性 ○(無線LAN) ◎(携帯電話)
利用電話機 専用(無線LANデュアル端末) 携帯電話

サービス名 ソフトバンクモバイルオフィス,ホワイトプラン ビジネス通話定額
提供事業者 ソフトバンクモバイル KDDI
サービス開始 2004年7月(ホワイトプランは2007年1月から) 2006年11月
利用のために必要なもの 携帯電話(要定額契約)
課題 内線通話以外の通信費がかさむ
端末の役割 モバイルのみ
電話番号の考え方 090/080番号のみ
内線通話の安定性 ◎(携帯電話)
利用電話機 携帯電話

 これに対して新タイプのFMCサービスは,コスト面で導入のハードルが低く,分かりやすいメリットを持つのが特徴だ(表2)。

表2●新タイプの企業向けFMCサービス
利用のために必要なもの,端末の役割,電話番号の考え方などはまちまちだ。
サービス名 OFFICEED ビジネスmoperaIPセントレックス ビジネスmoperaIPセントレックス ワンナンバー
提供事業者 NTTドコモ
サービス開始 2007年2月(PBX接続サービスは2007年6月から) 2006年11月 2008年6月
利用のために必要なもの 携帯電話,PBX(屋内基地局はドコモが管理) デュアル端末,無線LAN AP(SIPサーバーはドコモが提供)
特徴 設備をアウトソース
端末の役割 モバイルと内線を1台に
電話番号の考え方 内線発信:*55+XXXX,外線発信:0AB~J番号(オフィス内),090/080番号(オフィス外) 内線発信:XXXX,外線発信:0AB~J/050番号(オフィス内),090/080番号(オフィス外) 090/080番号でワンナンバー化(オフィス内では固定扱いの料金)
内線通話の安定性 ◎(携帯電話) ○(無線LAN) ○(無線LAN)
利用電話機 携帯電話(FOMA) 専用(無線LANデュアル端末)

サービス名 W-VPN ホワイトライン24 ビジネス通話定額(固定回線強化版)
提供事業者 ウィルコム ソフトバンク・グループ KDDI
サービス開始 2007年12月 2008年6月 2008年2月
利用のために必要なもの PBX,PHSアンテナ 携帯電話(要定額契約),固定電話(要定額契約)
課題 既存システムを流用可能 固定と携帯間も定額化
端末の役割 モバイルと内線を1台に モバイルと固定電話は別々のまま
電話番号の考え方 内線番号でワンナンバー化(オフィスの内外で利用可能) モバイルは090/080番号のみ
内線通話の安定性 ◎(PHS) ◎(携帯電話)
利用電話機 W-VPN対応PHS 携帯電話