PR
弥生 岡本浩一郎 代表取締役社長
弥生 岡本浩一郎 代表取締役社長

 「2008年10月から始まる当社の新年度では、弥生としての原点に返りたい」。こう語るのは弥生の岡本浩一郎代表取締役だ。2003年に米インテュイットから独立して以来、順調に売り上げを伸ばしてきた弥生だが、2008年9月期決算の売上高は93億2000万円。前年度比0.7%減とほぼ横ばいながら、初めて減収となった。

 昨年はライブドアグループから独立するなど、弥生にとって激動の1年だった。「正直に言って集中すべきマーケットが、ぶれかけたこともあった」と岡本社長。

 新年度はサービス体制を充実させるなど新しい販売施策を打ち出し、売上高102億2700万円を目指す。「当社の中核ターゲットは中小企業や個人事業主だ。こうした市場から今後も支持されるように、次々とサービスを考えていく」と話す。