PR

 思いもよらなかった間違いをしでかした経験は誰にでもあるだろう。「なぜ間違えたのか」「たるんでいるのではないか」と質されても、「つい、うっかり…」としか答えられない。

 ハイテクの粋である、情報システムの世界においても、こうした“うっかりミス”は発生する。そして、そのミスの結果、情報システムが停止ないし誤作動し、社会全般に迷惑をかけてしまうこともある。ミスの単純さに比べ、影響が及ぶ範囲は広いので、実に悩ましい。

 2008年5月から6月末にかけて、情報システムに関する、うっかりミスについてずっと考えていた。「日経コンピュータ」7月15日号の特集記事、『「うっかりミス」は無くせる』(関連記事「トラブル原因の半分がうっかり」「7割がうっかりに直面」)のデスクをしていたからだ。デスクとは、現場の編集記者を支える役回りである。

 うっかりミスとは、いわゆるヒューマンエラーと言われるものである。発電所や交通機関、航空管制といった巨大システムにおいては、ヒューマンエラーによって人命が失われることがあり、このエラーにどう対処するかが大きな問題となっている。

 情報システムにおけるヒューマンエラーとは、情報システムの設定間違い、誤操作、システムに不具合が生じた時の対応ミス、などだ。

 情報システムを動かすためには、そこで使われているコンピューターのハードウエアやソフトウエアに対し、所定の数値やデータを入力しておかないといけない。この作業を、パラメーター設定と呼ぶ。昨今の情報システムは、ものによっては数百個ものパラメーターを設定する必要がある。この作業はある程度まで自動化されているが、自動化の指示を出すのは人間だから、結局、パラメーター設定は、人頼み、ということになる。