PR

 SQL Server 2008というのが,マイクロソフトが販売しているリレーショナル・データベース管理システム(RDBMS)の現行版であることは,読者の皆さんの多くが知っているだろう。料金を払うことなく使用できる「Express」というエディションがあり,データベースについて学ぶための良い材料でもある。

 ただ,SQL Serverを実際に動かしてみようとすると,機能概要を知り,自分のすべきこと(もしくはしたいこと)をつかむのが意外と大変だ。多くの製品資料は新機能に重きを置いており,これからSQL Serverを使おうという人向けではないからだ。

 この本を読めば,SQL Server 2008が持つ,ストアドプロシジャ,トリガー,データのエクスポートとインポート,バックアップと復元,ユーザーとセキュリティ,ジョブ,警告,監視,レポート作成,CLR(Common Language Runtime)統合,コンプライアンス関連機能などをざっと理解できる。本としてバランスが良い。知識を補充する「コラム」が豊富にあり,データベースの用語に迷いがちな人もがんばれるだろう。SQL Serverの理解に好適な1冊。

ひと目でわかるMicrosoft SQL Server 2008

ひと目でわかるMicrosoft SQL Server 2008
日本ユニテック著
日経BPソフトプレス発行
2835円(税込)