PR
●名称:openSUSE 11.1
●提供元:The openSUSE project
●URL:http://www.opensuse.org/
●対応機種:PC AT互換機,PowerPC搭載機

 SUSE Linuxは,米Novell社が開発・提供しているLinuxディストリビューションです。特に北米や欧州などでは,個人や企業を問わず,幅広い用途で利用されています。

 openSUSE 11.1は,openSUSEプロジェクトが主導するコミュニティ・ベースで開発されています。コミュニティのサイトなどから自由にダウンロードして使用できます。「Red Hat Enterprise Linux」と「Fedora」の関係でいえば,Fedoraに相当するのが,openSUSEです。製品版のSUSE Linxは,openSUSEプロジェクトで開発されたディストリビューションがベースとなっています。

 openSUSEの大きな特徴は,「YaST」と呼ばれる独自の管理ツールを備えていることです。YaSTを通じて,ハードウエアやシステムの一元管理が可能です。またGUI環境では,YaSTをグラフィカル・ユーザー・インタフェースに対応させた「YaST2」が利用できます。

 また,デスクトップ環境にGNOME 2.24.1,KDE 4.1.3が利用可能です。さらに,旧バージョンとなるKDE 3.5.10も選択できます。

 openSUSE 11.1は,多くのパッケージを収録したインストールDVD,メディアからGNOMEが起動するGNOME Live CD,同KDEが起動するKDE Live CDが用意されています。いずれもopenSUSEのサイトからダウンロードが可能です。

 ここでは,openSUSE 11.1のインストールDVDを用いた導入方法を紹介します。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料