PR

 前編では,Microsoftの仮想環境管理製品である「Microsoft System Center Virtual Machine Manager 2008(VMM 2008)」について,基本的な概要や利用環境について解説した。後編となる今回は,特徴となる機能についてさらに詳しく見ていこう。

すべての管理・運用がスクリプトで実行可能

 VMM 2008は,Microsoftの管理製品であるSystem Centerファミリの一員である。そのため,System Centerのアラートを生成・処理し,それらのアラートを基にアクションを実行できる。VMM 2008と主要なSystem Center製品(Operations Manager 2007など)を統合することで,仮想化の機能を利用しながら,単一のインタフェース上で物理/仮想マシンを監視する。

 さらに,VMM 2008のユーザー・インタフェースは,Operations Managerのユーザー・インタフェースをモデルに設計されている。ほかのSystem Center製品とよく似た操作性になっているため,これらを使ったことのある管理者ならすぐに使い方を覚えられるだろう。

 Microsoftが最近リリースしたほかの多くの管理コンソールと同様に,VMMのコンソールはすべてWindows PowerShellの上に構築されている。そのため,GUIから実行できる操作のすべてが,PowerShellのスクリプトからも実行可能である。GUIで管理操作をすると,バックグラウンドでどのようなスクリプトを実行しているのかを確認できる。そして,そのスクリプトを,後から独自の自動化ルーチンのベースとして使用することも可能である。

豊富な機能を簡単に利用できるユーザー・インタフェース

 Hyper-Vの管理ツールであるHyper-V Managerと比べて,VMM 2008には非常に多くの機能が追加されている。その一方で,VMM 2008のユーザー・インタフェースは洗練されており,管理者にとって使いやすくなっている。

 高度なフィルタリングとホスト・グルーピング機能を持っており,複数の物理サーバー上にある多くの仮想マシンの論理グループを,単一のビュー内でまとめて確認できる。プレビュー・ウインドウのサイズは自由に変えながら実行中の仮想マシンの情報を見られる。そのため,わざわざ個別の仮想マシンに接続しながら複数のウインドウで開くといった操作は必要なくなる。このフィルタリング/グルーピング機能を利用することで,仮想マシン群の管理は容易になるだろう。

 VMM 2008の高度な機能を利用する数多くのシンプルなウィザードを用意している。「Migrate Virtual Machine Wizard(仮想マシンの移行ウィザード)」は,移行の際に候補となるターゲット・ホストを評価し,ユーザーが適切な移行先を選びやすい。Hyper-Vベースの仮想マシンの移行は,一瞬というわけではないが短時間で終了する。その一方,VMware ESX Serverの仮想マシンについては,システムに搭載されたLive Migration(ライブ・マイグレーション)機能を使えば,一瞬で移行できる (Live Migration機能はWindows Server 2008 R2でHyper-Vにも搭載される予定)。すべてのウィザードには「View Script(スクリプトの表示)」ボタンが用意されている。そのため,ユーザーはバックグラウンドで生成されているPowerShellコードを確認でき,それを活用して自分独自のスクリプトを作ることもできる。

 VMM 2008の「Self-Service Portal(セルフサービス・ポータル)」も興味深い機能だ。これを使うと,ユーザーはWebブラウザから仮想マシンを起動/終了/一時停止できる。そのほか,チェックポイントを作成したり,そのほかの関連アクションを実行することも可能だ。これらのいずれの作業を行うときも,サポートに電話をかける必要はない。利用可能な仮想マシンは,テキスト・ベースのリスト・ビュー,またはグラフィカルなサムネイル・ビューに表示される。サムネイル・ビューでは,実行中の仮想マシンをリアルタイムで確認きる。

VMwareよりも深い管理が可能

 VMM 2008がVMwareと比較して最も優れているのは,VMM 2008の方がより各仮想マシンの深い部分までアクセスできるという点だろう。VMwareでは仮想マシンが利用しているOSを認識することしかできないのに対し,VMM 2008ではそれ以上のことができる。たとえば,Microsoft IISがインストールされているかどうか,ということまで確認可能だ。

 VMM 2008は洗練されており,無償のHyper-V Managerよりもはるかに高機能だ。だが,VMM 2008の最大の魅力はその秀逸な相互運用性だろう。VMM 2008は,Microsoftのすべての仮想化サーバーに加えて,VMware ESX Serverもサポートしている。また,System Centerとの統合により,物理/仮想マシンをシームレスに一元管理できるインタフェースも提供する。さらに,Server 2008のフェイルオーバーおよび高可用性機能を利用して,データセンター向けの仮想化環境を提供することも可能だ。結局のところ。VMM 2008の機能は大規模データセンターの管理者を対象にしたものが多い。しかし,VMM 2008を利用することで,あらゆる規模の企業が仮想化環境を容易に展開/管理できるようになるだろう。