PR

 元インテリシンク社長で現シンクロア会長である著者の半生記。数十人規模のソフトウエア会社が米シリコンバレーを舞台に,赤外線通信など一部のデータ通信分野で大幅な世界シェアを獲得するまでの舞台裏を描いている。

 黎明期から赤外線通信に着目していた筆者は,当初から新市場の創造と独占を念頭に入れた戦略を練り,これを実現して成功を収めた。原動力となったのは需要を創出する技術を選ぶ目と人脈を築く能力。特に,後者は実体験に基づく様々な事例が紹介されており,米国展開を狙う人には示唆に富む。

世界シェア95%の男たち

世界シェア95%の男たち
荒井 真成著
イースト・プレス発行
1680円(税込)