PR

 JavaScriptは,米Netscape社とSun Microsystems社が共同で開発したスクリプト言語です。C言語やJavaといった本格的なプログラミング言語と異なり,プログラムのソース・コードをコンパイルする必要がありません。HTMLファイル内にプログラムのコードを直接記述し,そのファイルをブラウザに読み込むだけで実行できます。

 この手軽さもあってJavaScriptは,ブラウザで実行できるスクリプト言語のスタンダードになり,現在もNetscape Navigatorから発展したFirefoxを始め,Internet ExplorerやOpera,Safariなど,多くのブラウザで,サポートされ続けています。

 名前の中に「Java」という言葉が含まれていることから,JavaとJavaScriptの2つのプログラム言語は,兄弟のように思えますが,記述方法や実行方法などにほとんど共通点がなく,全くの別物です。

JavaScriptでできること

 JavaScriptでは次のようなことができます。

     
  • ブラウザの種類を判断し,ブラウザに最適化したページを表示する
  •  
  • マウスの動きやクリックなどユーザーの動作に合わせて,異なった処理を実行する
  •  
  • 画像を変更する,コンテンツの位置を変更するなど,ブラウザに動的な要素を加える
  •  
  • フォームに入力されたデータをブラウザ上でチェックする
  •  
  • フォームに入力されたデータを計算する
  •  
  • 日時を表示したりユーザーがアクセスした時間によって処理を変える
  •  
  • Flashの操作やAjaxでのデータの送受信の管理,受け取ったデータの加工や表示といった,他のアプリケーションや機能の仲立ちを行う。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料