PR
アンケートの回答受け付けは終了しました

 ITpro読者の皆さんの貴重な体験やノウハウを「生きたケースメソッド」として共有する「みんなが独りぼっちにならないプロジェクト」の第5弾です。今回はプロジェクト開始時にメンバーの結束力やモチベーションを高めるにはどうすべきか、マネジャとしてのプレッシャーをどう克服すればよいか、といった悩みを取り上げます。これらの悩みを解決するために、ITマネジャ/リーダー皆さんの成功体験やご意見をお寄せください。部下の方はマネジャ/リーダーに対して、「自分だったらこう育成する」といった提案もお待ちしています。

悩み9:プロジェクトのキックオフ。メンバーの士気を高めるには?

 これまでもマネジャとしていくつかのプロジェクトを任されてきたが、今回初めて大型プロジェクトのプロジェクトマネジメントを任されることになった。経歴も所属も価値観も異なる多様なメンバーの意識を一つの方向にまとめて、モチベーションの向上をはかりたい。

 もちろん「キックオフミーティング」はこれまでも欠かさず実施している。プロジェクトを始める前に関係者一同を集めて、プロジェクトの目的や全体像、チーム構成を説明することのメリットは実感している。もしこれとは別に、もっと効果的な方法があったらぜひトライしてみたい、というのが、今の問題意識だ。何かないだろうか。

(ITベンダー システム開発課長)

※本ページ下のテキスト入力フォームから、皆さんの体験談やご意見をお寄せください


悩み10:マネジャとしてのプレッシャーをどう克服するか?

 やりがいのあるプロジェクトを任されているが、リーダーとしてのプレッシャー、部下の成果物に対する不満など、内面にネガティブな感情が持ち上がってきて処理に困っている。仲間は『飲みに行け』とか『我慢するしかない』と言うが、それで解決できるのなら、仲間に相談などしていない。何か良い対処方法はないだろうか。

(ITコンサルティング会社 シニアマネージャー)

※悩み9・10に対する皆さんの体験談やご意見を、下記の入力フォームからお寄せください。両方ではなく片方だけでも結構です。


悩み9:プロジェクトのキックオフ。メンバーの士気を高めるには?

悩み10:マネジャとしてのプレッシャーをどう克服するか?


今後も引き続き「みんなが独りぼっちにならないプロジェクト」では皆さんの体験談やアドバイスをお待ちしています(プロジェクトの目次ページ)。